• TOP
  •  > 
  • 期間従業員採用
  •  > 
  • 仕事紹介

仕事紹介

当社のタイヤ工場(三島工場、三重工場、新城工場、尾道工場)では下記工程のいずれかに配属となる予定です。
※MB工場(茨城工場、長野工場、平塚製造所)で製造する製品は異なりますが、基本的な工程は同じです。

タイヤ製造工程の流れ

各種原材料(代表例) 01

混合工程

天然ゴム、合成ゴム、カーボンブラック、硫黄、亜鉛華などの原材料、配合剤を混合する工程です。コンピューターで制御された混合機(ミキサー)で混合された後、ロールで練り上げられ、次の材料加工工程へと送られます。
トレッド部 02

材料加工工程

混合したゴムを部材ごとの形に加工するのが材料加工工程です。加工する部材にはタイヤの骨格となるカーカス部・ベルト部、タイヤとホイールの嵌合部となるビード部、タイヤの表面を覆うトレッド部に分けられます。
成形中のタイヤ/グリーンタイヤ 03

成形工程

出来上がったカーカス、ベルト、トレッド、ビードなどの各パーツを成形機で1本のタイヤの形に組み上げる工程です。成形されたタイヤの原型はグリーンタイヤ(生タイヤ)と呼ばれています。
04

加硫工程

グリーンタイヤを金型(モールド)に入れ、高温・高圧の蒸気で焼き固める工程を加硫工程と言います。加硫を終えて金型からタイヤが出てくると、タイヤが完成します。
ユニフォーミティマシン 05

検査工程

出来上がったタイヤは、まず検査員による目視・官能検査を受けます。これをパスすると、バランス測定、ユニフォーミティ測定、X線検査など、先端検査機器による厳しいチェックを経て、確かな品質を持つ商品として出荷されます。
06

出荷

INDEX