はじめての横浜ゴム

個人投資家の皆さま向けに横浜ゴムのことをわかりやすく紹介します。

100年の歴史を持つタイヤメーカー

1917年に創立し、時代を先駆ける製品を数多く生み出してきました。この挑戦のスピリッツは今も変わらず受け継がれています。

横浜市平沼町に平沼工場完成(1920年)

横浜市平沼町に平沼工場完成(1920年)

平沼工場で製造されたコードタイヤ第1号「ハマタウン」(1920年頃)

平沼工場で製造されたコードタイヤ第1号「ハマタウン」(1920年頃)

世界のタイヤメーカーでシェア8位

世界タイヤ市場におけるシェアは第8位です(2019年売上収益ベース)。

タイヤだけでなく様々な産業分野で活躍

タイヤで培ったゴム高分子技術やゴム加工技術などを活かし、ホース配管、工業資材、接着剤、航空部品、ゴルフ用品などを開発。当社の製品は陸・海・空の様々な産業で活躍しています。

タイヤだけでなく様々な産業分野で活躍

世界120カ国以上でビジネスを展開するグローバル企業

日本をはじめ、アジア、欧州、ロシア、北米、南米、中東、アフリカなど世界各地でビジネスを展開し、従業員数は約2万7千人にのぼります。(2020年12月末現在・連結 27,252名)

人と地球や世界地図のイメージ

売上収益は5,706億円

2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により売上収益5,706億円、事業利益368億円、営業利益364億円、親会社の所有者に帰属する当期利益263億円となりましたが、第4四半期は急回復し利益面で過去最高となりました。

詳しくはこちら