ATC Tires Pvt Ltd Mumbai office(インド)

事業内容

農業・林業・産業及びOTRタイヤの製造・販売に関する統括会社

敷地面積

28,393 square feet

従業員数

340名(2019年12月)

所在地

Plot No. 53 & 27-C, 2nd Floor, Empire Complex, Senapati Bapat Marg, Lower Parel, Mumbai – 400 013.

相談・苦情などの受付窓口

人事・業務管理部
Tel: +91-22-3957-9600 | Fax: +91-22-3957-9699

社長ご挨拶

Nitin Mantri

当社のCSR方針は、引き続き「環境」と「教育」に焦点を当てています。そのため、2019年には、この2つの分野における厳選されたCSRプロジェクトへの投資が、例年に比べて飛躍的に増加しました。これらの分野で重要なプロジェクトの成功事例についてお話したいと思います。

環境への取り組み

安定した水の供給という真のニーズに応えるため、タミル・ナドゥ州のティルネルヴェリ工場の近くにあるアラバンタンクラム村、パリコタイ村、ナンチャクラム村での雨水利用プロジェクトを支援しました。計画されていた2,650万リットルの貯水容量と比較して、このプロジェクトでは最大3,400万リットルの貯水が可能となり、1,850世帯以上がこのプロジェクトの恩恵を受けています。この取り組みは、ティルネルヴェリ地区コレクターから「2019年の最優秀CSR資金プロジェクト」を受賞しました。この偉業を大変嬉しく思うとともに、このプロジェクトを支援しているチームを祝福したいと思います。

もう一つの貢献は、ミッション・マングローブ・プロジェクトとの連携によるものです。ムンバイのような埋立地に建てられ、浸食されやすい都市にとって、マングローブは非常に重要な存在です。ムンバイ近郊のコパールカイレーンでは、3,700本以上のマングローブの植林活動に社員が参加しました。

教育

私たちは、政府の学校で子どもたちに提供されている教育水準を向上させるために、草の根レベルで変化をもたらすことを常に信じています。ダヘジの工場近くの村で行われている学業支援プロジェクトでは、1年生から8年生までの130人以上の子供たちが支援を受けており、その成果が表れていることを嬉しく思います。開始以来、成績が大幅に向上しています。 58%以上の生徒がAグレードとBグレードのスコアを獲得し、退学率はゼロになりました。2020年には、タミル・ナドゥ州の選ばれた学校に対しても同様の取り組みを継続しています。また、ダヘジにスキル開発センターを設立し、工業訓練所の学生に雇用の機会を提供するための準備を進めています。

私たちが活動している地域社会に意義ある変化をもたらすことで、今年も大きな成功を収めることを期待しています。

組織統治

SOA(Schedule of Authority)

2019年8月にSOAが見直され、組織内の様々な意思決定のための権限を明確にしています。

組織体制と標準作業手順書(SOP)

会社の報告体制をよりよくしていくため、四半期ごとに組織体制を見直しています。
そして、各部門には、一貫した製品品質の維持を保証するためのSOP(Standard Operating Procedures)があります。

従業員ハンドブック

従業員に関する全ての関連方針を示した「従業員ハンドブック」は2016年9月に発行しています。変更した会社の方針と手順の概要と利点を当社で働く全ての従業員に周知しています。

行動規範

当社は、目標を達成しつつ、良好なコーポレートガバナンスを実践し、ATCのコアバリューに沿った事業運営を行っています。

この方針は、適用法令の順守、株主への責任など、さまざまな分野を網羅しています。

内部通報(Whistle Blower)

当社の内部告発の方針では、非倫理的な行為から社員を守るだけでなく、真の懸念や苦情を報告する仕組みを提供します。
そして、当社の事業の原則および慣行に関する告発は、2013年会社法および2014年会社規則の第177(9)および(10)項に規定された公正かつ偏見のない方法で対処されます。

人権

セクシャルハラスメントの防止

私たちには、「ATC India Pvtの努力のたまもの」と言える「セクシャルハラスメントの防止に関する方針」があります。これは、セクシャルハラスメント、脅迫、搾取のない職場を提供することを目的としています。
この方針の目的は、定義されている職場の全ての従業員に対するセクシャルハラスメントの苦情の防止と救済、およびそれに関連する問題からの保護を行うことです。
従業員全員の意識啓発のため、本方針に沿って職場でのセクシュアルハラスメント防止に関する研修を実施しています。
また、内部苦情委員会は以下を担当しています。

当社の以下の企業価値は、当社がすべての事業活動において正しいアプローチを取っていることを保証します。

誠実さ:

全てのステークホルダーに対して公正であり、常に正当性を持って行動します。

説明責任:

私たちの全ての行動や、私たちが責任を負っていること全てに必要です。

当社の行動基準では、差別や嫌がらせの防止に関して、次のように定めています。
従業員一人一人が、人種、性別、国籍、年齢、宗教、性的指向、遺伝情報、性的嗜好、障害、その他の法によって守られた地位や特徴などによって差別や嫌がらせを受けることなく、自分の能力を最大限に発揮できる職場環境を維持します。

労働慣行

品質、環境、労働安全衛生(QEHS)方針

OTR(オフロードタイヤ)の製造に携わる当社は、関係のある全ての人々やビジネスのために、製品品質、健康と安全、環境保全を創造、維持、保証します。それは私たちの計画と意思決定には不可欠であり、以下の項目を規定しています。

  • 私たちの顧客、人、環境を尊重し、ケアしながら事業を行う。
  • 顧客の要求に応じて製品を製造し、提供することにより、顧客満足を達成する。
  • 製品の品質に関連する要件を満たす。
  • 会社の全てのステークホルダーの職場の健康と安全を確保する。
  • 環境側面および労働安全衛生上の危険に関連する法令順守義務を果たす。

そのため、私たちは、以下の項目を達成します。

社会保障・健康保険

当社には、PF、ESIC、チップ、労働者補償、メディケアポリシー、団体障害保険などの社会保・医療・傷害保険の給付があります。
そして、環境安全衛生副社長補佐をはじめとした、安全を監督する上級レベルの人材を確保しています。

行動規範

当社は、全ての地域で安全で健康的な職場環境を提供することに努めます。

フェスティバルの祝典

Holi、独立記念日、Navratri、Diwali&Christmasなどのインドのお祭りをお祝いします。
全ての従業員はお祝いに参加し、そのお祝いのためのドレスコードに従い、競技会など楽しいイベントに参加し、チームビルディングを増やし、組織の一員として従業員のモチベーションを高めます。Holiでは様々な企画の下、クイズ大会などの楽しい活動が行われました。

Holi Celebration

Holi Celebration

独立記念日には、自由選手団に関するクイズ競技が行われました。

Independence Day Celebration

Independence Day Celebration

ディワリのお祝いで、ディワリ食品の販売で得たお金を、Bluetoothスピーカーとディワリのお菓子ボックスと一緒に、マハラシュトラ州の農村部で働く女性の子供たちのための生活支援、及び無料の学習センター向けに寄付しました。オフィスに配置されたディワリの贈り物として、すべての従業員に配布されました。
ディワリを祝う様々な姿を披露するビデオ競争が、チーム単位で行われ、最高の評価を得たチームは、表彰されました。

Diwali Celebration

Diwali Celebration

クリスマスでは、各部署がチームで競技会に参加し、最高のクリスマス飾りで職場を飾ったチームには特別なプレゼントが与えられました。

Christmas Celebration

Christmas Celebration

オフィスでは女性の日を記念して、女性社員を対象とした演劇会と昼食会が行われました。

Women's Day

Women's Day

誕生日お祝い会

親睦と働く意欲を高め、ATGの文化を強化するために、毎月第4金曜日に従業員の毎月の誕生日を祝います。ケーキカットセレモニーには、みんなが集まり、贈り物の配布、軽食や飲み物を楽しみ、チームビルディング活動やリフレッシュにもつながっています。

Birthday Celebration

Birthday Celebration

ATCプレミアリーグ

スポーツはストレスを解消するだけでなく、チームビルディングにも役立ち、健康的なライフスタイルを促進し、従業員のパフォーマンスへのモチベーションを高めます。ATCは4月に卓球とキャロムのリーグを開催し、全階層の社員が参加しました。このリーグは1週間続き、最後に優勝者にはトロフィーが贈られました。新入社員の入社プログラムの一環として、クリケットの試合が行われました。

長期勤続と退職時の報奨

毎月の誕生日のお祝いの中で、5年と10年の勤務や退職の方に感謝として、記念品をお渡ししています。

健康管理と教育

当社は従業員の健康を重視しており、体の健康、がんなどの病気、心の健康などの基本的な健康相談会を開催しています。また、従業員のために、無料健康診断や歯科検診、献血なども実施しています。
弊社のオフィスには、従業員のための医師施設があります。
また、応急処置室も完備しており、バイオメディカル廃棄物処理のための団体と提携し、廃棄物の効率的な処理を行っています。

ATCで提供されるクラスルームトレーニングの数は、2019年には倍増しました。訓練は、オンライン教育方法と従来の教室での教育方法を組み合わせた混合型訓練を取り入れることで強化されてきました。ボードゲーム、ロールプレイ、ゲーム化されたオンラインシミュレーションは、これらのトレーニングを管理するために使用されるツールの一部です。

部署別研修は、そのニーズ評価を毎年実施し、研修の必要性を確認しています。そして、特定されたニーズに基づいて各部門の研修が設計されます。この部門別の独自研修は、業績に影響を与える学習に重点を置いているため、数ヶ月に渡って実施され、定期的にフォローアップや実演研修を実施するように設計されています。

看板プログラムの一つである「ASTRA - Sales Capability Development Program」は、2ヶ月ごとに2日間のセッションを行う8ヶ月間のプログラムでした。第1回目のセッションでは、「インパクトのあるコミュニケーションスキル」や「ステークホルダーへの影響力」などのトピックを取り上げました。第2回目のセッションでは、「営業計画と実行」と「市場志向と交渉力」について学びました。第3回目のセッションは「戦略的営業管理」と「ビジネス洞察力と実行力」、第4回目は「リーダーシップ」と「コラボレーション」でした。すべてのセッションは、参加者が学んだことを実践することができるシミュレーションで構成されていました。

もう一つの特徴的なプログラムは、「コーチとしてのマネージャー」プログラムです。 ATG本社とインド工場のマネージャー・シニアマネージャーが7月末に2日間の研修を行いました。8月に行われた再認識セッションでは、参加者が学びをリフレッシュし、コーチングスキルセットとその効果を実践した経験を共有し、自分たちの課題について話しました。更に再確認セッションは9月末に行われました。上記の他にも、消防などのトレーニングに加え、ムンバイで有名なダバワラ氏によるサプライチェーンに関するセッションが行われました。

ATGラーニングマネジメントシステム

新入社員と従業員を対象に、タイヤ製造工程の説明会を定期的に実施しています。

環境

本社では片面印刷紙をリサイクルし、湿ったゴミや乾燥したゴミをカフェテリアで区分しています。
さらに次年度も環境保全のためのさらなる取り組みを模索していきます。
エネルギー使用量(電力)466,848units、水使用量 2,857㎥でした。

公正な事業慣行

公正な競争と取引

行動規範において、公正な競争と取引を規定しています。
タイヤ事業は競争の激しい業界ですが、当社は誠実に業務を遂行することをお約束します。
全ての従業員は、自分自身が倫理的に行動し、正直にコミュニケーションを取ります。同僚、会社経営者、顧客、サプライヤー、コンサルタント、政府機関の役人(国内外)とも公正に対処します。

消費者課題

優れたマーケティング/製品コミュニケーションの実践

定期的なニュースレターや製品関連の話題、新製品の紹介、会社内の最新の出来事などをお客さまにお伝えするため、製品関連のリーフレット、パンフレット、チラシなども配布しています。

契約の適切な執行

製品配送が、最小管理単位(SKU)で、適量を定時に実施されているか、お取引先さま(OEMs)に報告し、契約の適切な執行に努めています。
製品を生産する際の安全衛生要件を順守しています。
これは当社組織の文化の一部であり、トップマネジメントから全てのレベルまで認識しています。

問題の解決

お客さまとの問題が発生した場合は、チームリーダーにて対応いたします。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

社会貢献活動

Jal Sanjeevani - 干ばつ救済プロジェクト

マハラシュトラ州の干ばつ状況は再発しており、深刻です。しかし、突然の自然災害ではないため、他の災害のような公的支援や資金援助は受けられません。地下水位を上げ、干ばつへの耐性を高めるためには長期的な取り組みが必要ですが、住民は毎日の安全な飲料水を得るための支援を必要としています。
ジャル・サンジバニでは現在、地下水位を改善し、地域コミュニティの能力を高めるために長期的な対策を通じて、干ばつからの回復力を構築しています。
当社はユナイテッド・ウェイ・オブ・ムンバイと協力して、以下の寄付を行いました。

  1. 40~45リットルの水を最小限の負担で運ぶのに役立つ水車
  2. 電気を使わずに作動し、保証期間が長い10リットルの容量の浄水器

上記の寄付金に加えて、村の家庭で飲料水を浄化するための啓発活動や、学校の子供たちを対象とした水の保全の重要性についての啓発活動が実施されました。約159世帯がこのプロジェクトの恩恵を受けました。

Running for cause - TATAムンバイマラソンに参加しJal Sanjeevaniプロジェクトを支援

Jal Sanjeevaniプログラムを支援するTATAムンバイマラソンに参加し、40名の従業員がこの活動のPRと支援のために走りました。

Exhibition Stalls for cause

ナブラトリ&ディワリの祭りの間、スルジャナのNGOチームは衣服などの展示会を開催し、展示会を通じて集められたお金は、マハラシュトラ州の農村部で働く女性の子供たちのための生活支援と無料学習センターを提供するために寄付されました。