YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES, INC.(YTSP)(フィリピン)

事業内容

自動車用タイヤ、モータースポーツ用タイヤの販売

従業員数

25名(2021年4月)

所在地

3F, Kentek Building, 828 A. Araniz Ave,Barangay Legaspi, 1229 Makati City PHILIPPINES

相談・苦情などの受付窓口

Administrator TEL:(632) 817-5031 FAX: (632) 817-5035

社長ご挨拶

三浦 聡司

2020年に続き、2021年も、ヨコハマタイヤ・セールス・フィリピン(YTSP)は、より健康的で安全で公平な未来に向かって強い希望を持って臨みます。
COVID-19のパンデミックは、販売会社として、また仕事と私生活の両方において、私たちの強さが試されました。このような不確実で社会的に孤立した時代には、フィリピンや世界中の消費者にとって、お客さまとの関わりがより重要になっています。

この状況は2021年以降も続くことでしょう。しかし、YTSPは、タイヤの販売活動を通じて、販売網と地域社会に希望と励ましを与えるために、自分たちの役割を果たすべく、より強く、より意欲的に取り組みます。
当社はこれからも、より良い日が来ることを期待して前進していきます。この困難な時代において、私たちが受けた多くの恩恵に感謝いたします。皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

組織統治

行動規範に沿って行動し、ガバナンス&コンプライアンスに関する意見を求めています。

人権

男女の差別なく雇用し、労働条件についても差別の出ないよう常に関心を持ってフォローしています。現在、女性9名、男性16名で、現地マネジメントは3名 (VP: 女性・AVP- Fleet /Technical:男性・GM- Sales & Marketing:男性)が管理しています。

労働慣行

労働基準法に規定された各項目を順守し、その具体的な内容を会社規則に織り込んでいます。一般的な労働条件を下回ることなく、従業員の経済的、社会文化的な生活水準の向上に努めています。また、業務で車を使用する機会が多いため、交通法規順守、安全運転実施に注意を払っています。

人材の多様性

現在は障がい者雇用の実績はありません。

環境

環境方針
  1. 事業が環境に与える影響の把握に努め、環境保全の向上に努めます。
  2. 環境関連の法律、法規を遵守します。
  3. 環境負荷の低減を目指したタイヤ製品の販売に取組みます。
  4. 省エネ、省資源、リサイクル、廃棄物削減に取組みます。

公正な事業慣行

汚職に関する方針

公職者との飲食、贈答品を禁止しており、過去に汚職違反したことはありません。

取引先とのコミュニケーション

主要な取引先とは定期的に取引に関する意見交換を行い、双方の問題点について、解決策を提案、実施しています。また不正な取引や反社会的な商行動が発生することのないよう相互確認を行い、同時に信頼関係の構築に努めています。

消費者課題

消費者とのコミュニケーション

私たち(YTSP)のような多くの企業にとって、COVID-19パンデミックの際、ソーシャルメディアは顧客とのライフラインとなりました。ソーシャルメディアは、人々の安全、情報、そしてつながりを保つ機会を生み出しました。ソーシャルメディアのおかげで、私たちはリアルタイムで対話を続けることができるだけでなく、既存のお客様や見込み客との関わり方を再構築して、よりダイナミックな取引活動を実現し、ヨコハマタイヤのファンを増やすことができるようになりました。
YTSPは、お客様に理解され、評価されていると感じていただける機会を作るために、ソーシャルメディアの活動を継続的に改善しています。パンデミックでイベントや活動が制限されていた時期には、タイヤの新製品発表やヨコハマ店舗の新規オープンなど、プロモーションの手段としても活用しました。
今年、YTSPはフィリピン最大のファーストフードチェーンであるマクドナルド・フィリピンと提携し、タイヤの販売を促進することになりました。このパートナーシップにより、YTSPとマクドナルドは、国内の購入者の皆さまに高品質のタイヤ製品と美味しい食事を提供することができます。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域社会とのかかわり

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックは、2020年3月にロックダウンが開始されて以降、フィリピンのすべてのビジネスに大きな制約を与えています。
この困難な状況にあって、社外でCSR活動を行うという課題もありますが、当社、スタッフ、販売店ネットワークが安全な環境で働くことができるよう、安全衛生対策を継続して行ってきました。これは、地域社会の復興を支援し、従業員に安全な職場を提供するための私たちの役割です。

安全な職場環境を維持し、従業員の健康を守るために、YTSPは職場でのCOVID-19の蔓延を防止するために、以下のような新しい安全作業手順を採用しました。

  1. 在宅勤務制度
  2. ディーラーやサプライヤーとのオンラインミーティング
  3. フェイスマスクとフェイスシールドの常時着用
  4. オフィスに入る前の体温チェック
  5. 健康宣言や非接触時間の管理
  6. 空気清浄機、アルコールスプレー、除菌剤などの衛生管理
  7. 握手禁止とソーシャルディスタンスの取り方を徹底
  8. 安全衛生ポスターの掲示とデジタル配信による注意喚起
  9. 定期的な清掃や衛生管理などに気をつけ家事を実施

また、Covid-19検査には、信頼性が高く、非侵襲的で、通常48~72時間以内に結果が得られる唾液からの活性ウイルス(PCR)検査を用いて、従業員のウイルス検査を実施しました。これは、職場の安全性を高めるための重要なツールです。
また、従業員の福利厚生や職場の満足度を高めるために、科学的な根拠はないものの、室内の空気を浄化するために、室内に植物を置いています。
このような危機的状況やパンデミックの際には、従業員を大切にし、誰もが働きやすく安全な環境を整えることが、YTSPの社会的責任の本質と考えています。