持続可能な社会を目指すCSR経営

当社は、サステナブルな社会実現に向けて中長期な視点を加え、事業拡大とCSRを一体的に推進するCSR経営を行っています。またCSRスローガン「未来への思いやり」とSDGsを紐づけることで、事業を通じて社会に貢献していく目的と意義を明確にし、社会価値・企業価値の向上に努めています。

中期経営計画GD2020の柱
成長戦略 経営基盤強化

タイヤ消費財事業

プレミアムタイヤ市場における存在感のさらなる向上

企業風土の変革

人事施策による組織の活性化

タイヤ生産財事業

OHTを成長ドライバーとして次の100年の収益の柱へ
  • オフハイウェイタイヤ:農業や林業
    機械用、産業や建設車両用向けタイヤ

コーポレートガバナンス

リスクマネジメント

MB事業

得意分野(自動車部品・海洋事業など)への資源集中

財務戦略

キャッシュフロー創出
グループ資金の有効活用
未来への思いやりとSDGs 関連する事業を通じた取り組み

製品を通して

安心して生活できる未来に向けた製品やサービスを追求していきます
  • 高い安全品質、環境性能のタイヤ
  • 農林業の持続的な生産に貢献する農林業機械用タイヤ
  • 社会インフラ等を支える産業・建設車両用タイヤ
  • 温室効果ガス削減に資するMB製品

地球環境のために

豊かな自然を残すために、事業活動を通して環境課題に取り組みます
  • 事業活動を通じた環境負荷低減、生物多様性配慮
  • 持続可能な天然ゴム調達
  • 「YOKOHAMA千年の杜」活動

人とのつながり

多様な人材が安心して活躍できる職場や社会をつくります
  • 労働安全衛生、防災活動
  • 人材育成・生産性の向上
  • 多様性の尊重、女性活躍推進
  • 調達先の人権の尊重

地域社会と共に

地域と共に発展するため、多様なコミュニケーションと地域問題に取り組みます
  • 地域社会での医療・教育等支援
  • 災害の支援
  • 事業展開地域での雇用創出

コーポレートガバナンス

国際的な規範や協調に沿って、持続的な事業活動を継続する基盤をつくります
ガバナンス、コンプライアンス、事業継続に資する活動を行います
  • コーポレートガバナンスの強化
  • リスクの組織的な管理・最小化
  • コンプライアンス
経済的価値 2020年度目標

売上目標

タイヤ消費財事業
タイヤ生産財事業
MB事業・その他

事業部毎に目標を設定し売上達成を目指します
売上収益:7,000億円

営業利益:700億円

営業利益率:10%

D/Eレシオ:0.6倍

ROE:10%

営業CF:2,000億円
  • 3年間累計
省資源・高効率な生産性の向上

優秀な人材の採用・確保・活用による
安心・快適な製品・サービスの提供

国内外のレピュテーション(評判)向上
投資の魅力向上
(配当・株価・ESG投資)