新城工場(TP)

新城工場

新城工場

事業内容

乗用車用タイヤ製造

敷地面積

223,879㎡

従業員数

844名(2020年12月末現在)

所在地

〒441-1343 愛知県新城市野田字古屋敷1番地

相談・苦情などの受付窓口

業務課 TEL:0536-22-2251 FAX:0536-23-0353

新城南工場

新城南工場

事業内容

乗用車用タイヤ製造

敷地面積

110,998㎡

従業員数

358名(2020年12月末現在)

所在地

〒441-1338 愛知県新城市一鍬田字大入10番24号

相談・苦情などの受付窓口

業務課 TEL:0536-22-2251 FAX:0536-23-0353

工場長ご挨拶

速見 健

新城工場は、自然豊かな奥三河の玄関口あたる新城市に位置し、環境貢献商品である低燃費タイヤのBluEarthや横浜ゴムのフラッグシップタイヤのADVANなどを中心とした乗用車用タイヤを製造している工場です。

1999年にISO14001の認証を取得し、「トップレベルの環境貢献企業」を目指す横浜ゴムの中核工場として、常に環境に配慮した工場運営に努めています。環境マネジメントシステムを基軸として、目標と計画を掲げて環境負荷低減に取り組んでおり、また、新城市と環境保全協定を結び、工場排水の水質検査、騒音測定などを実施し、地域の一員として生活環境に配慮した工場運営をしております。

千年の杜活動においては、工場の構内や周囲への植樹活動は完了し、現在ではその活動を地域や他企業に広げ、2020年度は延べ66つのイベントに参画し、合計で約9千本苗の提供を行いました。2009年の植樹活動開始以来、これまでに工場内への植樹および地域等への提供を行った苗の合計数は25万5千本程となりました。

また、当工場はタイヤ生産を行う過程で、地域の水資源を大量に利用しており、「自然の恵みをもらうばかりでよいのだろうか?私たちに出来ることは何だろうか?」との思いで、工場敷地内や四谷千枚田の休耕田にビオトープを造り、また、豊川の水源地や工場排水口で生物多様性調査を行ってきました。残念ながら、新型コロナウィルスの影響により、今は活動が限定的となっておりますが、2021年度も生物多様性保全活動を継続し、豊かな自然や水資源、そこに住む生物を守る活動を続けていく計画を立てております。

2020年は新型コロナウィルス対策のため、残念ながら地域のみな様を工場に招き入れての交流を行うことはできませんでしたが、これからも、地域に根ざした工場運営を目指して取り組んで参ります。

組織統治

コンプライアンス教育の実施

CSR勉強会

法令順守の意識を高めるため、新たに社会人になる新入社員や管理・監督者を中心にコンプライアンス教育を実施し、啓発に取り組んでいます。
また、取引先とのCSR勉強会を開催し、社会貢献活動や法令順守を再認識する事で信頼関係の強化に努めています。

人権

障がい者雇用の推進

特別支援学級:職場体験 2020年度は中止

2020年12月末時点で23名(雇用率2.80%)が就業しています。今後も引き続き、障がい者雇用の拡充と職場環境の充実に取り組んでいきます。

労働慣行

安全衛生への取り組み

従業員、協力社員の安全と健康の確保が企業活動の基盤であるとの認識のもとに、安全、健康で快適な職場を実現するための手段として、JISHA(中央労働災害防止協会)方式適合OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)の認証取得から9年が経過し、4回目の更新審査をクリアし、認証継続となりました。
職制と作業者との双方向によるコミュケーションをもとに4本柱(1対1対話、不具合吸い上げ、危険予知、リスク評価)を活動の中心に据えて、以下のような活動を展開してきました。

従業員の教育・訓練

従業員への安全教育に関しては、入社時の安全衛生教育に始まり、役付者による従業員との1対1対話、体感訓練、リスクアセスメント実践研修会、安全パーソン認定育成訓練を中心に展開しています。

新入社員安全体感訓練

災害時の対応

災害時の対応は、防火・防災年間活動計画に沿って、定例的な防災避難訓練を実施しています。訓練時には、自衛消防組織本部を設置して、消火訓練や救出訓練を実施し総合的な対応が取れるよう訓練しています。また、地震防災訓練、BCP訓練などにも取り組んでいます。

南工場夜間防災訓練

環境

横浜ゴム株式会社 新城工場 環境方針

新城工場は、「地球環境のために、未来への思いやりを体現する、トップレベルの環境貢献企業」を目指す横浜ゴム株式会社の中核工場として、その先駆けとなります。

  1. 心と技術をこめたモノづくりにより、幸せと豊かさに貢献し、「環境汚染・感覚公害の予防」と「化学物質管理による環境負荷低減」を継続的に実践し、環境リスクゼロを目指します。
  2. トップのリーダーシップの下、新城工場を構成するすべての部門・関連企業は、自ら定めた環境マネジメントシステムに従い、仕組みを作り、維持/点検し、環境経営の持続的向上を実践します。
  3. 関連する法令・条例・協定・契約等を遵守し、全ての関係者の皆様とのコミュニケーションを深め、地域貢献と社会貢献に取り組みます。
  4. エネルギー・原材料・水等の限りある地球資源を守るため、そのムダ使いを防止する行動を実践し、3R(*)を推進し、低炭素社会・循環型社会の実現に貢献します。
    *Reduce:発生抑制、Reuse:再使用、Recycle:再生使用
  5. 本方針を具現化するため、環境目的・目標を設定し、計画的に実行し、結果の見える化により確実な推進をします。また、方針・目的・目標は定期的に見直すとともに、必要に応じて改定します。
  6. 水豊かな豊川水系にある新城地域の生き物を大切にし、生物多様性の保全に取組みます。
  7. 《山の湊》新城市の恵まれた自然と調和・融合し、「YOKOHAMA千年の杜」活動を通じ、育樹活動と植樹指導、苗木提供により、地域貢献と自然と人の共生を目指します。
  8. 新城工場で働く全ての人が、本方針を理解し行動できるよう教育と啓発を行い周知徹底します。
  9. 本方針は公開します。

2021年1月1日
横浜ゴム株式会社 新城工場
工場長 速見 健

温室効果ガス排出量の削減

1. 環境に配慮した高効率機器の積極的な導入

省エネルギーの中長期計画に則り、変圧器、ファン・ポンプ、照明器具や空気調和設備などを高効率機器に更新を実施しています。
2020年度の実績は、1000kVAの高圧トランスを、アモルファス変圧器に1台更新しました。又 Hf蛍光灯器具を約160台LEDベースライトに更新、投光器型白熱ランプも38台LED投光器に変更しました。
又、抜本的なGHG排出量削減の為に南工場の燃料転換や発電機の導入の検討を継続して実施しています。

2. 省エネ活動の推進

供給側の高効率化だけでなく、消費側の蒸気、工業用水、工場エアーの漏れ等の修理や保温の増強や、生産設備のファン・ポンプ等のインバーター化を進めており、2020年度は大型の冷却塔のポンプを6台のインバーター化を実施しました。
又、毎月の全工程担当者が集まる省エネ分科会の開催にて、問題点の共有化や個別の取組の紹介など、啓蒙活動に努めています。

環境データ&解説

温室効果ガス排出量の削減

新城工場
新城南工場

資源の有効活用/廃棄物の削減

廃棄物データ
新城工場
新城南工場
水使用量
新城工場

新城工場:上水道および豊川と豊川支流野田川より工業用水として取水しています。

新城南工場

新城南工場:上水道および井戸水を工場用水として取水しています

水・大気・土壌への排出対策

水質汚濁にかかわるデータ

新城工場:月2回20項目を愛知県、新城市の条例・協定に基づき、自主規制値を設定し、その範囲内で監視をしています。

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

排 水 口 項 目 規制値 自主管理値 2020年度実績
平均値 最大値 最小値
No.1排水 pH 5.8~8.6 6.5~8.0 7.38 7.6 7.1
BOD濃度(mg/l) 20 9.0以下 2.35 5.8 0.7
COD濃度(mg/l) 20 11.0以下 2.23 3.6 1
SS濃度(mg/l) 20 6.0以下 1.56 3.0 1.0
動植物油分濃度(mg/l) 10 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
鉱物油分濃度(mg/l) 2 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
No.2排水 pH 5.8~8.6 6.5~8.0 7.55 7.7 7.3
BOD濃度(mg/l) 20 9.0以下 1.87 6.2 0.50
COD濃度(mg/l) 20 11.0以下 1.79 2.9 1.0
SS濃度(mg/l) 20 6.0以下 1.80 5.0 1.0
動植物油分濃度(mg/l) 10 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
鉱物油分濃度(mg/l) 2 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満

新城南工場:月1回20項目を愛知県、新城市の条例・協定に基づき、自主規制値を設定しその範囲内で監視をしています。

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

排 水 口 項 目 規制値 自主管理値 2020年度実績
平均値 最大値 最小値
No.1排水 pH 5.8~8.6 6.5~8.0 7.45 7.6 7.3
BOD濃度(mg/l) 20 9.0以下 5.17 8.8 1.3
COD濃度(mg/l) 20 11.0以下 7.37 8.7 5.3
SS濃度(mg/l) 20 6.0以下 2.36 3.0 1.0
動植物油分濃度(mg/l) 10 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
鉱物油分濃度(mg/l) 2 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
No.2排水 pH 5.8~8.6 6.5~8.0 7.46 7.8 7.1
BOD濃度(mg/l) 20 9.0以下 5.21 8.9 2.6
COD濃度(mg/l) 20 11.0以下 4.93 7.1 3.3
SS濃度(mg/l) 20 6.0以下 1.80 3.0 1.0
動植物油分濃度(mg/l) 10 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
鉱物油分濃度(mg/l) 2 1.0以下 0.5未満 0.5未満 0.5未満
大気汚染物質(NOx、SOx)

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 NOx排出量(t/年) SOx排出量(t/年)
新城工場 26
新城南工場 12 2

化学物質の管理状況についての報告(PRTR法への対応)

副資材・補助材関係はSDSで対象化学物質の有無を確認し、PRTR法で定められた量の取り扱い物質について年1回、国(県)への報告と安全性影響度評価を行っています。
PRTR法に基づく取り扱い物質については、国内生産拠点の安全性評価表を参照ください。

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

新城工場

施設名称 項 目 規制値 自主管理値 2020年度実績
平均値 最大値 最小値
1号ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
130
0.1
0
100
0.030
0.029未満
78
0.0045
0.041未満
82
0.007
0.016未満
74
0.002
2号ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
130
0.1
0
100
0.030
0.037未満
77
0.002
0.051未満
89
0.002
0.023未満
65
0.002
コージェネレーション 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
100
0.05
22.63
90
0.030
0.13未満
59
0.001
0.14未満
65
0.001
0.12未満
53
0.001未満
温水ボイラーA 窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
150
0.1
120
0.030
40
0.001未満
40
0.001未満
40
0.001未満
温水ボイラーB 窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
150
0.1
120
0.030
35
0.001未満
36
0.001未満
34
0.001未満
ディッピングマシン 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
250
0.15
第三条の規定
150
0.1
廃止

新城南工場

施設名称 項 目 規制値 自主管理値 2020年度実績
平均値 最大値 最小値
1号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
130
0.1
第三条の規定
150
0.1
廃止
2号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
130
0.1
第三条の規定
150
0.1
廃止
3号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
4.37
150
0.1
0.021
75
0.0055
0.027
77
0.007
0.015
73
0.004
4号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
4.30
150
0.1
0.02
66.5
0.006
0.029
67
0.007
0.013
66
0.005
5号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
4.33
150
0.1
0.023
66.5
0.0045
0.032
73
0.005
0.014
60
0.004
6号高圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
0.85
150
0.1
0.024
80.5
0.0045
0.032
82
0.005
0.016
79
0.004
1号低圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
4.08
150
0.1
廃止
2号低圧ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.25
4.07
150
0.1
廃止
4t 1号ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.3
2.24
150
0.1
0.0275
102
0.006
0.033
103
0.008
0.022
101
0.004
4t 2号ボイラー 硫黄酸化物排出量(㎥N/h)
窒素酸化物濃度(ppm)
ばいじん濃度(g/㎥N)
第三条の規定
180
0.3
2.12
150
0.1
0.032
111.5
0.005
0.04
115
0.007
0.024
108
0.003

公正な事業慣行

取引先とのCSR活動

活動の一環として毎年CSR勉強会を開催していますが、本年度はコロナ禍にあるため資料を各取引先様にメールで配信する方法で実施させていただきました。※案内先40社で内容は、CSR活動方針、グリーン調達ガイドライン、職場安全、情報セキュリティ、コンプライアンス違反事例、トヨタ自動車様からの情報共有として仕入先様と共に取り組むサステナビリティを紹介してあり取引先様と共に法令順守および危機管理の共有を進めています。

消費者課題

消費者とのコミュニケーション

自動車産業品質マネジメントシステム規格(QMS)であるISO/IATF16949認証をベースとした品質管理により、お客さまに信頼される品質の製品を提供しています。また、日本ならびに海外の自動車メーカー様、販売会社様や一般のお客様の工場見学を通して、品質に対する取り組みも紹介しています。本年度については、新型コロナウィルス感染拡大防止により開催できませんでした。

苦情などへの対応

製品についてお客さまからの問い合せには、迅速に調査しご報告しています。調査の結果、製造に起因する場合は、いち早く対策し、再発の防止に努めています。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

千年の杜活動

愛知県・静岡県の県立公園内植樹、地域の小学校・子ども園の記念植樹に、植樹苗の提供と指導に計7回15名が参加し、地域の方々と森づくりに取り組みました。また2020年は9,008本の自ら育てた苗木を各地域の植樹等に提供しています。また、都市緑化機構主催による第40回「緑の都市賞」にて新城工場が名誉ある日本緑化センター会長奨励賞を頂きました。

千年の杜活動(2020年度)

他企業・オートバックスコラボ

(株)オートバックス様と協業で地域の樹木に親しんでいただく為に苗木の無償提供をしています。

2020年度は苗木9008本の提供と、ボランティア活動にはコロナ禍自粛の影響もありソーシャルディスタンスを考慮し15回のみ時短参加となりました。

都市緑化機構主催:日本緑化センター会長奨励賞授与式

生物多様性保全活動

工場ではタイヤを生産する事により大量の水を利用しています。「私たちは自然から水資源の恵みをもらうばかりでよいのだろうか?私たちにできることは何だろうか?」との思いで生物多様性調査を2012年から活動スタートしてきました。2020年度の活動についてはコロナ禍の影響により制限された活動となりましたが、今後も水に関連する生態系の保護・回復を行い生息環境の支援を継続していきます。また、新城工場の生物多様性保全活動が愛知県より評価され、愛知県知事・名古屋市長様より新城工場活動が最も効率の良い方法の事例としてグッドプラクティス賞を受賞いたしました。
今後も愛知県が推進する新城設楽生態系ネットワーク協議会へも参画し、行政・大学・NPO・他企業と協業し、横浜ゴム新城工場からは、地元の種から育てた広葉樹や苗木を提供・植樹することで新城設楽地域の生物多様性に貢献していきます。

準絶滅危惧種アカハライモリ>四谷千枚田より

活動場所>野田川

活動場所>四谷千枚田

活動場所>黒田川

新城工場生物多様性保全活動グッドプラクティス賞を受賞しました。
(左から夏目職長・市園職長・関村職長)

Our plants use large volumes of water in their tire production activities. Accordingly, we wondered; “Is it acceptable that we just receive nature’s bounty through such water resources? Isn’t there something we can do in return?” In light of these thoughts, in 2012 we began implementing biodiversity surveys. These surveys were conducted on 21 occasions in 2018, and we also engaged in biotope creation and maintenance activities. In the future, we will continue to undertake activities aimed at safeguarding biodiversity, and will work to protect local water resources and aquatic life.
We are also participating in the Shinshiro-Shitara Ecology Network Council promoted by Aichi Prefecture. In cooperating with local government, universities, non-profit organizations (NPOs), other companies and partners, we hope to contribute to the biodiversity of the Shinshiro Shitara Region through the provision and planting of 600 broad-leaved tree seedlings raised from local seeds from the Yokohama Rubber Shinshiro Plant.

地域社会とのかかわり

工場周辺地区区長および環境モニター工場見学・懇談会については2020年度は新型コロナウィルス感染拡大防止の為、開催中止となりましたが、再開の見通しがついたら再開いたします。

しんしろクリーンフェスタについても2020年度は新型コロナウィルス感染拡大防止の為、行政より開催中止と判断されました。

3/14~15の2日間、新城開催17回目となる全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」が県営新城総合公園での開催予定でしたが、昨今のコロナウイルスの影響で無観客での開催となりました。新城工場からはレース開催前の準備として、コース沿道に横断幕やノボリ旗の設営を行いました。レースはトップカテゴリーのJN1クラスで奴田原選手が優勝、2、3位に新井選手親子が入り、ヨコハマ勢が上位を独占しました。

工場スタッフによる横断幕やノボリ旗の設営作業

全日本ラリー選手権 第2戦新城ラリー2020.3.14-15

全日本ラリー選手権 第2戦新城ラリー2020.3.14-15

ヨコハマ勢は奴田原選手が優勝、2・3位に新井選手親子が入りました。