TOKYO AUTOSALON 2019 | イベントレポート TOKYO AUTOSALON 2019 | イベントレポート

TOKYO AUTO SALON 2019 - 日本最大のカスタムカーショー

毎年1月の恒例行事となっている日本最大のカスタムカーの祭典「TOKYO AUTOSALON 2019(東京オートサロン2019)」が、2019年1月11日から13日の3日間、千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で開催。
東京オートサロンは日本最大級のカスタムカー、チューニングカーの祭典。1983年に当時晴海にあった東京国際見本市会場で「東京エキサイティングカーショー」としてスタートし、1987年から「東京オートサロン」に名称を変更。年々規模が拡大し、1997年は場所を東京ビッグサイトへ移動し、1999年から現在の幕張メッセとなる。
第37回目となる2019年は、前回に引き続き1~11ホールに加えイベントホールも使用し、大規模のカスタムカーイベントとして開催となった。3日間の合計来場者数が33万人以上と、今年も多くの方が訪れた。

ヨコハマタイヤブースも昨年同様、西館ホール2に出展。7台の車両展示に4アイテムのタイヤを展示し、さらに体感スペースとしてVR映像コーナーも設置。連日トークショーも開催し、多くの来場者が訪れた。

今回展示した7台の車両を紹介していきたい。最初に紹介するのは、ブース中心に展示され、一際目立つYOKOHAMAカラーのピックアップ「FORD RAPTOR(フォード ラプター)」。
あまり日本では馴染みの薄い車種だが、北米では、ベストセラーとも言われている、オフロードのスーパーカーだ。もちろん日本の公道でも走れる。そのフォード ラプターに装着されているタイヤは、2018年秋より販売している「GEOLANDAR X-MT G005(ジオランダーエックスエムティー)」。
GEOLANDAR X-MT G005はマッドテレーンタイヤと言い、見て解るとおりオフロード走行、ロッククローリングを楽しむユーザー向けのタイヤ。溝面積を大きくとった「ワイドラググルーブ・パターン」がオフロード路面での確実なトラクション性能を発揮し、大型サイドブロックがさらに悪路での走行に活躍する。

次の車は、鮮やかなブルーのボディーカラーが特徴なTOYOTA C-HR。この車両に装着されているタイヤは、「AVID ENVigor S321(エービッド・エンビガー)」。
北米では既に発売されているこのタイヤは、ウェットを中心とした運動性能とユニークな方向性パターンが好評で人気を博している。そのタイヤが遂に日本でも2019年に発売を予定している。
サイズは245/40R19、245/45R19、245/35R20、245/40R20、4サイズを発売予定。

3台目は、1948年にデビューし、最初にポルシェの名を冠したスポーツカーであるポルシェ356。1965年まで続いたこのモデルはクラッシクカー愛好家には絶大な人気を誇り、憧れの車とも言える。
そのポルシェ356に装着しているのは、「G.T. SPECIAL CLASSIC Y350(ジーティースペシャルクラシック)」。クラシックカーにふさわしい外観と、現代技術により最適な性能と安全性を確保することにより、現在でも安心してクラシックカーで走れるタイヤを2019年に発売を予定している。
既に145/80R10の1サイズは設定済みだが、165/80R15、165/80R14、175/80R14の3サイズを発売する予定。
これにより、ポルシェ356の他にも1960~1970年代のフォルクスワーゲンビートル、トヨタ2000GT、Fairlady Zなどの車両に適合する。

4台目は、白のボディに空力を考慮したフロントリップスポイラーにカナードと、リアに大きなウィングを装着したR35型 GT-R。この車両は、奈良県の老舗チューニングショップ「Kansai Service(関西サービス)」のデモカー。
このGT-Rに装着しているタイヤは、「ADVAN A052(アドバン エーゼロゴーニ)」。A052は、チューニングカーなどでサーキットなどスポーツ走行をするユーザー向けのタイヤ。
2018年に待望のR35型 GT-R用サイズが登場した。このデモカーに装着しているサイズは、前後共に285/35R20を装着しているが、フロント純正サイズである、255/40R20も設定している。

ここからは、モータースポーツ車両の3台を紹介。
片側10cmもワイド化したADVANカラーの「ADVAN COROLLA SPORT(アドバンカローラスポーツ)」。この車両はTCRをイメージしたコンセプトモデルとして制作。
ヨコハマタイヤは世界ツーリングカーレース(WTCR)へタイヤをワンメイク供給しており、2019年より開催されるTCR Japanでもワンメイク供給となることが決定。
そこで、ヨコハマタイヤが独自でカローラスポーツがTCR参戦したイメージで車両を制作した。

同じくADVANカラーのフォーミュラーマシンは、日本のフォーミュラ最高峰レースである「スーパーフォーミュラ」で、2018年シーズンまで使用されたSF14に変わり、2019年シリーズより全チームに供給される新型車両「SF19」。
SF14に比べ、フロントタイヤのサイズ拡大、マシン重量の軽量化が図られ、更なるタイムアップが見込まれる。

最後に紹介するのは、R35型 GT-RのRT3車両。
スーパーフォーミュラ、スーパーGT参戦している、KONDO RACINGが新たに2019年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦する。
24時間の過酷なレースをヨコハマタイヤと共に戦う。

新商品展示コーナーでは、2019年2月に順次発売する、高い操縦安定性と低燃費性能を融合したグランドツーリングタイヤ「BluEarth GT(ブルーアースジーティー)」を展示。
BluEarth GTは、ウェットグリップ性能において全サイズで最高グレードの「a」を獲得している。不安に感じやすい雨の日でもしっかりと走ることができ、格段に高いトータルパフォーマンスを発揮する。
そして、この性能が軽自動車用も含む全57サイズで獲得している。
ADVANブランドでは、長年好評いただいている現行のADVAN NEOVA AD08Rに加え、開発中の次期ADVAN NEOVAコンセプトモデルを展示。現時点では発売時期は未定だが、多くの来場者から質問と意見を頂いた。

VRコーナーでは、スーパーフォーミュラに60°カメラを取り付けして撮影したVR動画を体験。スーパーフォーミュラのハイスピードとコーナリングの迫力を今までにないリアル感で体感。

イベントステージでは、SuperGT、SuperFormulaに参戦している、片山右京監督、近藤真彦監督から、ヨコハマタイヤを代表するレーシングドライバー、織戸学や谷口信輝など、さまざまなカテゴリーのヨコハマタイヤに関わるゲストがトークを繰り広げ、多くの来場者が熱心に耳を傾けていた。

その他にはインスタグラムなどのSNSに投稿でプレミアムグッズが当たる「ハッシュタグキャンペーン」も開催。フォトウォールも設置し多くの方が「#ヨコハマタイヤ」をつけて投稿。

2019年の最初のイベントとなった東京オートサロンは、昨年同様国内最大規模のヨコハマタイヤブースとなった。今後、東京オートサロンに限らず、今年様々なイベントで展示していきます。

TOPへ