ATC Tires Pvt. Ltd. Tirunelveli Plant (ATG-TN)(インド)

事業内容

農林・建設・工業・OTRタイヤの製造

敷地面積

47.04ヘクタール

従業員数

2,241名(2018年12月、契約労働者を含む)

所在地

Sipcot SEZ, A-2, Sipcot Industrial Growth Centre, Gangaikondan, Dist. Tirunelveli, Tamil Nadu – 627 352, India

相談・苦情などの受付窓口

Human Resources and Administration Dept
Tel: +91-46-2398-7312 | Fax: +91-46-2398-7399

社長ご挨拶

PN Rajendran

・私たちは、環境と労働安全衛生(EHS)を最優先とした高い基準を設定して、持続的に安心な性能を達成するための文化を構築することに注力しています。

・非常に費用対効果の高い品質のタイヤを全範囲で生産し、世界中のお客さまから高い評価を得ています。

・新しい製品の開発時間を大幅に短縮することで、新たな売上と利益の源泉として新製品を提供します。

・全ての従業員参加(TEI)型のCSRプログラムを効果的なものとするために、全従業員による「継続的改善プログラム」(CMP)を実施することで、全ての改善目標の解決へ大きな推進力を与えます。

・地元の法律や法令を順守して事業を行うことを約束します。

・YRCの経験と専門知識を引き続き活用するため、YRCマネジメントチームの積極的な協力と支援を得て、YRC製造現場のベストプラクティスを積極的に学んで採用し、製造工程と製品のパフォーマンスを強化します。

組織統治

行動規範

当社は、ATCのコアバリューに沿って、価値創造を重視した適正な事業活動を展開していきます。その上で組織目標を達成するため、事業を運営しながら、優れたコーポレートガバナンスに尽力します。

この方針は、適用法令の順守、株主への責任など、さまざまな分野を網羅しています。

SOA(Schedule of Authority)

2014年7月に発行し、2017年5月と2018年1月に改正されたSOAにより、当組織におけるさまざまな決定の権限を明確にしています。
私たちは、オンライン法令順守ツール(Legatrix)を使って、コンプライアンスの仕組みが正しく機能するため、監視・推進を行っています。

組織体制と標準作業手順書(SOP)

会社の報告体制をよりよくしていくため、四半期ごとに組織体制を見直しています。
そして、各部門には、一貫した製品品質の維持を保証するためのSOP(Standard Operating Procedures)があります。

従業員ハンドブック

従業員に関する全ての関連方針を示した「従業員ハンドブック」は、2016年11月に公開され、2017年7月27日と2018年1月10日に改正されました。会社の方針と手順の概要と利点を当社で働く全ての従業員に周知しています。

モバイル利用

モバイルハンドセット/モバイル接続ポリシーを、2017年10月4日にハンドブックに掲載しました。

内部通報(Whistle Blower)

当社の内部告発の方針では、非倫理的な慣行から社員を守るだけでなく、真の懸念や苦情を報告する「Vigilな仕組み」を提供することを規定しています。
そして、当社の事業の原則および慣行に関する告発は、2013年会社法および2014年会社規則の第177(9)および(10)項に規定された公正かつ偏見のない方法で対処されます。
全てのポリシーは、社内コミュニケーションサーバーであるイントラネットポータルに表示され、全ての従業員に周知されます。

人権

セクシャルハラスメントの防止

私たちには、「ATC India Pvtの努力のたまもの」と言える「セクシャルハラスメントの防止に関する方針」があります。これは、セクシャルハラスメント、脅迫、搾取のない職場を提供することを目的としています。
この方針の目的は、定義されている職場の全ての従業員に対するセクシャルハラスメントの苦情の防止と救済、およびそれに関連する問題からの保護を行うことです。
そのため本方針に沿って、従業員全員の意識啓発のため、職場でのセクシュアルハラスメント防止に関する研修を実施しています。
また、内部苦情委員会は以下を担当しています。

当社の以下の企業価値は、当社が全ての事業活動において正しいアプローチを取っていることを保証します。

誠実さ:

全てのステークホルダーに対して公正であり、常に正当性を持って行動します。

説明責任:

私たちの全ての行動や、私たちが責任を負っていることすべてに必要です。当社の行動基準では、差別や嫌がらせの防止に関して、次のように定めています。

当社の行動基準では、差別や嫌がらせの防止に関して、次のように定めています。
従業員一人一人が、人種、性別、国籍、年齢、宗教、性的指向、遺伝情報、性的嗜好、障害、その他の法によって守られた地位や特徴などによって差別や嫌がらせを受けることなく、自分の能力を最大限に発揮できる職場環境を維持します。

労働慣行

品質、環境、労働安全衛生(QEHS)方針

OTR(オフロードタイヤ)の製造に携わる当社は、関係のある全ての人々やビジネスのために、製品品質、健康と安全、環境保全を創造、維持、保証します。それは私たちの計画と意思決定には不可欠であり、以下の項目を規定しています。

  • 私たちの顧客、人、環境を尊重し、ケアしながら事業を行う。
  • 顧客の要求に応じて製品を製造し、提供することにより、顧客満足を達成する。
  • 製品の品質に関連する要件を満たす。
  • 会社の全てのステークホルダーの職場の健康と安全を確保する。
  • 環境側面および労働安全衛生上の危険に関連する法令順守義務を果たす。

そのため、私たちは、以下の項目を達成します。

Safety Week

Safety Week

行動規範

当社は、全ての地域で安全で健康的な職場環境を提供することに努めます。

各職場は、適用されるすべての地方、州および国の安全衛生要件に従って運営され、違法薬物、アルコール、物質の影響を受けないようにする必要があります。各従業員は、適用法とこの行動規範を順守することによって、安全で健康的な職場の維持を支援する責任があります。それとは別に、全ての従業員に安全&緊急処置ハンドブックを開発し、配布しました。
来訪者用安全説明書も準備し、工場の訪問者に渡しています。

社会保障・健康保険

当社には、PF、ESIC、退職金および団体障害保険などの社会保障および医療/傷害保険の給付があります。
シニアレベルのリソースで、安全衛生活動を監督・保証しています。

団体交渉賃金協定

労働組合と2018年10月に団体交渉の署名行いました。賃金協定LTS(Long Term Settlement)として、労働の賃金、効率性、アウトプット、福利厚生および賞与が締結されました。

フェスティバルの祝典

8月15日(独立記念日)と1月26日(共和国の日)、国家安全週間、世界環境デー、Holi、Diwali、Pongal & Ayudha Poojaのようなインドの祭典を祝います。すべての従業員が一緒に祝賀会に参加し、従業員のチーム構築とモチベーションを高めます。

Republic Day Celebration

Republic Day Celebration

Ayudha Pooja Celebration

Ayudha Pooja Celebration

トレーニング

当社は、従業員やビジネスのニーズに応じた従業員の行動、一般および技術に関するトレーニングを実施します。

Training

この他に、下記の取り組みがあります。

環境

ISO14001登録証

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
廃棄物発生量(t) 1,060 1,340 3,119
埋立率(%) 0.08
埋立量(t) 2.5
エネルギー
消費量
石炭消費量 26,838 35,171 44,146
電力消費量(Mwh) 41,413 43,400 47,636
温室効果ガス排出量(千t-CO2 130
水使用量(千㎥) 325 333 340

2017年12月、2018年1月にバイオガスプラント(処理能力250kg/日)が建設されました。90~110kgの食堂の食品廃棄物や残った野菜クズでバイオガスを発生させます。生成されたバイオガスは食堂のバイオガスレンジで燃料として使用しています。

私たちは工場内での植樹活動を始めました。藤原先生の指導の元、2017年8月18日に第1回千年の杜植樹会で117mの範囲に約4,927種の種苗を植えました。植林は「宮脇方式」に従いました。その後、毎月500本の苗を植えています。
2018年度も地域の子供たちと一緒に植樹会を実施しました。

Forever Forest Project

Forever Forest Project

公正な事業慣行

公正な競争と取引を規定した行動規範

タイヤ事業は競争力が求められる産業です。しかし、当社は公正な競争と取引に関する業務を完全な形で遂行することを約束しています。全ての従業員は、自分自身が倫理的に行動し、正直にコミュニケーションを取ります。同僚、会社経営者、顧客、サプライヤー、コンサルタント、政府機関の役人(国内外)とも公正に対処します。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

社会貢献活動

以下の活動を行っています。

家具

浄水器

子供の日のお祝い

子供たちに文具などを贈っています。

近隣の村への雨水供給プロジェクト

地域に良い水を供給するため、雨水を集めて水質を管理し、利用していただいています。