YOKOHAMA INDUSTRIAL PRODUCTS ASIA-PACIFIC PTE. LTD.(YIPAP)(シンガポール)

事業内容

アジア・オセアニア地域における工業用ゴム製品の販売、マーケティング、テクニカルサポートの提供

従業員数

6名(2019年12月現在)

所在地

160 Robinson Road, SBF Centre #15-01 SBF CENTER, SINGAPORE 068914

相談・苦情などの受付窓口

TEL:+65-6970-9188 FAX:+65-6386-9757

  • 2019年8月に事務所を移転(Yokohama Rubber Singapore(YRS)と同居)しました。

社長ご挨拶

春山 達夫

2019年2月に赴任いたしました。当社は2013年5月に設立し、シンガポールを拠点としてASEAN全域・インド・オセアニアに工業資材製品(マリンホース、防舷材、コンベヤベルト)を販売しています。お客様は石油・資源メジャーと呼ばれる国営・大手企業から、各国・地域に密着した活動をされている企業まで様々です。我々ヨコハマの高品質な製品を一人でも多くのお客様に、かつタイムリーにお届けできるよう心掛けながら、日々活動しています。

コンベヤベルト

マリンホース

防舷材

組織統治

監査法人による外部監査

大手監査法人による会計監査を受け、監査済みの財務データは所轄官庁を通じて公開しています。
また情報漏えいを防ぐシステムを導入しています。

人権

従業員の多様性推進

多様な人種構成のシンガポールにおいて、人種・宗教・性別の差別は禁じられておりますが、当社も遵守しており平等な採用を行っています。
管理職は2名で、うち1名は現地採用の女性を登用しています。

労働慣行

従業員の安全確保

人材の流動性が高いシンガポールですが、長く働いてもらえる職場環境、待遇の実現に努めています。
治安が不安定な地域もあり、営業担当者には緊急用IDカードを携行させています。またテクニカルサポートの一環で、洋上にて作業を行う者にはサバイバル訓練を受けさせています。
シンガポールにおけるヘイズ(煙害)発生時には、従業員の健康を守るためマスクを配布するなど、就業基準を設けています。
会社負担で健康診断を行っているほか、健康保険のないシンガポールでも一般的な診療が受けられる医療保険に加入しています。

環境

環境マネジメント

1年を通して気温の高いシンガポールですので冷房の電気消費を抑えるため、日本のクールビズと同様に軽装での執務を奨励しています。またOA機器や照明での節電を徹底しています。
社用車を導入せず、従業員には公共の交通機関での通勤、国内移動を要請しておりCO2排出の削減に努めています。
主に電気を使用しており、2019年度の電気使用量は6,969kWh、水使用量は6.4m3でした。

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
電気使用量(kWh) 6,375 6,621 6,969

公正な事業慣行

公正な取引の推進

エネルギー関連を中心に、国営企業との直接あるいは間接的な取引が多く、国際的な贈賄防止ルールを順守し、公正な取引を行っています。
また競合他社との接触は、理由のいかんを問わず一切禁止しています。

消費者課題

消費者とのコミュニケーション

当社は販売会社であるとともに、アフターセールスサポート拠点の役割を担っています。
私たちが販売する製品は、お客さまの事業活動で重要な役割を担っており、定期的にお客さまを訪問し、点検や正しい使用方法、補修方法などの講習会を行っています。

マリンホース 技術セミナーの様子

マリンホース 技術セミナーの様子

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域への貢献

水頭症に苦しむ子どもやその家族を支援するイベントへのスポンサーシップを行っています。

チャリティーイベントの様子(フィリピン・2018年)

チャリティーイベントの様子(フィリピン)