ヨコハマタイヤ・マニュファクチャリング・タイランド (YTMT) (タイ)

事業内容

トラック・バス用タイヤ、小型トラック用タイヤ、乗用車用タイヤの生産・販売

敷地面積

418,029㎡(工場)、1,690,000㎡(テストコース)

従業員数

2,030名(2018年12月)

所在地

7/216 Moo.6, Amata City Industrial Estate, Tambol Map Yang Porn, Amphur Pluakdang, Rayong Province 21140, Thailand

相談・苦情などの受付窓口

Human Resources and Administration Dept.
TEL:+66(38)627-170 FAX:+66(38)627-199
Email : saksri_a@th.yokohamatire.com
    Jirinee_h@th.yokohamatire.com

社長ご挨拶

高木 誠

当社は、2004年からタイ国にて事業をスタートしました。横浜ゴムの新中期計画(GD2020)に沿って、海外での総合タイヤ(TBS、PC/LT)の生産拠点となり、2020年代にさらなる進歩を目指します。
2009年に横浜ゴムのタイヤ開発、試験能力を飛躍的に強化するために、工場から約30kmの所にタイヤプルービンググランド、 TIRETEST CENTER OF ASIA(TTCA)を建設。2013年にWET・DRYハンドリングコースを拡充しました。2017年にはGeolandar G003M/Tの開発がオフロードコースで行われました。
“アジアのデトロイト”と言われているタイ国をはじめ、ASEAN諸国では、モータリゼーションが凄まじい勢いで発展しており、自動車の重要部材の1つであるタイヤは、その要求性能の満足度と品質の信頼性がますます重要になっています。一方で、環境への配慮も重要で、原料の調達時から環境への負荷が少ない素材を使い、それらの特性を生かして、必要最小限のエネルギーでタイヤを生産することを目標に、商品開発、上市、生産拡大を図っています。
2007年にISO14001の認証を取得して以来、環境マネジメントシステムを機軸に、従業員全員参加による環境保全活動にも取り組んでいます。毎年、具体的な目標を定め、継続的に環境負荷の軽減活動を行うことで、各々の項目を改善しております。2018年9月にはISO14001改訂版(ISO14001:2015)の認証への移行を行いました。

2011年にはISO50001(エネルギーマネジメントシステム)の認証をタイ国で初めて取得し、省エネ・節電の継続的な改善も積極的に進めております。2017年6月にはコージェネレーションヒートプラント(CHP)が本格稼動し、14%のCO2排出量の削減(5,642t-CO2(稼動期間6-12月))となりました。
環境保全の取り組みとしては、CO2削減と地域との良好なコミュニケーションを目的に、YOKOHAMA千年の杜プロジェクトとして、植樹活動を2008年より開始し、この10年間の取り組みの最終年度である2017年には、累計植樹本数は84,725本となりました。
目標達成率は169%、CO2吸収固定量は677,798トン/年となりました。2018年度も千年の杜活動を継続し、2,600本の植樹を行い、20,800kg/年のCO2吸収固定に寄与しました。
植樹に使う苗は、当地のどんぐりから発芽させた自前の苗を使う宮脇方式の杜づくりに準じており、この方式を他社や地域の学校にも広め、サポート活動も行っています。また、3年前に横浜ゴムグループの海外拠点で初めて、生物多様性保護活動を開始しました。地域社会と一体となった活動を目的として、地域や行政にこれらの活動を紹介しました。今年度は生態系のバランスをとるために、生物多様性活動のモニタリングと改善を続けています。

組織統治

組織・体制の見直し

チームワークの良い一体感のある組織づくりを目指して、組織運営を実施しています。
2018年度も、安全活動を集中的に行うために、新たな取り組みを規定しました。製造管理部門は、リスクの改善など従業員の安全活動に重点を置いています。
現行の手順書(SOP)や作業の動線(OPL)の確認、原因分析、監査などを行って、安全と品質の改善や開発を行います。そして、機械の改造や新規設置後に、ポカヨケシステムを設置し、安全と品質について確認します。

労働慣行

安全衛生はすべての業務の基本であり、快適な職場を構築しながら労働災害を防止することを目指しています。これまでも、そしてこれからも多面的な新しい安全衛生活動を行っています。

安全衛生の基本原則

安全衛生をすべての基本であり
労働災害防止と健康的で快適な職場づくりを目指します。

労働安全衛生方針
  1. 各作業員は、安全を最優先にしなければならない。従業員と経営陣の積極的な参加と協力を得て安全活動を改善する。
  2. 安全衛生に関するすべての規則および法律を確実に遵守する。
  3. 安全衛生の重要性についてすべての労働者に伝え、必要なすべての訓練を実施する。
  4. 企業活動に従事するすべての労働者の安全と健康を確保するため、関係するパートナー企業との協力を強化する。
  5. 装置と作業の両方に伴う潜在的なリスクを排除するために、労働安全衛生マネジメントシステムに基づくPDCAを活用し、継続的に改善を行う。
  6. 職場における安全衛生の基本である「清潔で秩序を保つ」ために、2S活動を徹底的に実施する。
  7. 精神的および肉体的な健康増進のための積極的な支援とともに、快適な職場環境づくりを促進する。
  8. 自動車関連業界の一社として、交通事故を防止するための措置を取る。

安全衛生につきましては、第一優先課題として取り組みを継続しています。労働安全衛生マネジメントシステムをベースに、公開作業観察活動・設備の本質安全活動等、人(人と仕組み)と設備、両面からの活動を展開しています。

OHSAS認証書

TIS認証書

危険作業のギャップ調査活動

標準作業手順書で(SOP)で記載されていない作業にリスクが隠れています。そこで、2017年に危険作業のギャップ調査活動を行い、すべての項目の改善を実施しました。そして、すべての機械の安全性を確認するために、2018年から横浜ゴムおよびYTMTの関連部門による機械装置のギャップのチェックを行っています。全ての機械とSOPの改善のため、リスクアセスメント点検結果を元に「改善すべきリスクの要約リスト」を作成しました。2018年9月時点で、リスクレベルⅤ0箇所、IV-III(重大度8)126箇所、Ⅳ110箇所、Ⅲ492箇所の改善を行いました。引き続きリスク低減活動を行い、活動報告を定期的に行い、横浜ゴム担当部門による改善確認を受けました。

入り込める箇所を点検

リスクアセスメントの様子

品質教育活動

2018年度は30チームが品質向上活動に取り組みました。
TPM(QCCやOM活動)、フォローアップ演習、プレゼンテーションおよびコンテストでの教育を行いました。

社内だけでなく、OEメーカー(トヨタ、三菱、ホンダ、いすゞ)の発表会にも積極的に参加しました。

三菱にて

社内にて

体感訓練(安全道場)

多数の事故が発生していたため、2018年、安全部門は、「オペレーターC-D評価」において、リーダーレベルに向上するため、機械・電気・IT部門に対する実践的な安全道場の訓練の内容を見直しました。オペレーターレベル30ポイントの担当者は、事後テストで50ポイント(理解度90%を表す)のリーダーレベルを獲得することを目標としています。2018年3月に、安全道場での訓練が完了しました。次いで、2018年8月の「オペレーターB評価」の安全道場の訓練を行い、事後テストで30ポイント(理解度90%を表す)の獲得を目指しました。テストに合格しなかった担当者は、テストに合格するまで追加の訓練を受ける必要があります。2018年12月での訓練の進捗状況は50%でした。2019年6月現在、安全道場での追加訓練は100%完了しています。

訓練の流れ

訓練の様子

体感訓練の様子

安全説明会

safety awareness

2017年からYTMTは、従業員の姿勢や意識から生まれる安全文化を築くことを目指して安全活動に取り組んでいます。
そのため、トレーニングコース「安全意識」を提供しています。このコースでは、基本的な労働安全衛生、災害事故の定義(微少災害・重大災害)とその対応について学ぶことができます。また、私たちに関わるさまざまな損失(直接損失や間接損失)の影響について知ることができます。このことは安全行動を取るためにとても重要な訓練です。
そのため、トレーニングキャンペーンは、組織内の全ての人々が職場での安全意識を高めるために、トレーニングのキャンペーンを行い、参加を促しています。

横浜ゴムグループはグローバルに事業展開しており、コミュニケーションは重要な問題です。YTMTは、英語を使用して定期的にコミュニケーションをとる必要がある従業員が自分の言語スキルを伸ばし、外国人と英語で正しくコミュニケーションできるように、「英語を仕事に使う」トレーニングコースを提供しています。

障がいを持つ方と共に

2018年は2017年と同じ人数の障がい者が働いています。この障がいを持つ9名はYTMTでの作業を継続しています。

良好な労働環境の管理

2018年は、以下のように良好な作業環境を継続して開発しています。
不公平を排除し、規則を遵守することを約束します。YTMTは、贈収賄防止ポリシー、従業員行動規範、および倫理エスカレーションポリシー(「内部告発ポリシー」)に関する企業責任ポリシーを定義しています。

優れた労働と福祉に関する表彰

YTMTはタイ政府が主催した労働および福祉表彰に応募しました。
2018年12月19日に、YTMT経営陣と労働組合の代表は、ラヨーン県のゴールデンシティホテルで行われた授賞式に出席しました。
タイ全土からの178の大企業を含むさまざまなカテゴリーに、総勢1,024社の企業が授賞式でこの賞を受賞しました。そのうちの50社はラヨーン県にあります。

長期休暇キャンペーン

私たちは、長期休暇中に全ての従業員が安全な旅行を楽しむことを願って、お菓子やフレーバー、緊急連絡先の配布などキャンペーンを実施しています。

コミュニケーション

病気の従業員へのお見舞い

当社と従業員の良好な関係を構築するため、病気になった従業員のお見舞いをしています。
2018年に20名の従業員を訪問しました。この活動は、病気の従業員への励ましになり、早期の復帰につながります。

社員旅行の活動

労働組合と当社の福利厚生委員会は共同で、2018年度も従業員の旅行活動を引き続き実施しています。チームワークを築き、午後はリラックスして美しい観光地を見ることができます。

誕生日パーティー

2014年以降、誕生日パーティーを続け、従業員へのモチベーションは高まり、生産活動にも貢献しています。2017年には、昼休み中に開催している従業員の誕生日パーティーを続けると共に少し内容を見直しました。経営陣は従業員と一緒に昼食をとっています。
2018年の参加率はわずかに(約2%)増加して80%になりましたが、2017年度と同じく99.76%の従業員が満足しています。

環境

2018年、ISO14001:2015に準拠するための範囲を追加して、環境ポリシーの導入を改訂しました。
YTMTは、環境管理システム(ISO14001:2015)に準拠するために、原材料の調達、顧客への製品の生産および配送の範囲内で業務を適用し、社会との公正な取引の原則に従って継続的に開発および改善を続けることを約束します。利害関係者を満足させ、環境との調和を大切にし、環境を保護するための技術における世界クラスの強みを主張します。環境管理システムの戦略的方針は次のとおりです。

環境方針

社会と公正に対処し、環境との調和を重視する原則に従い、環境保全技術

  1. 経営トップのもとで、すべての活動において環境に配慮した取り組みを開始し、すべての製品を環境に配慮した製品にする。
  2. ステークホルダーとのコミュニケーションを深め、地域社会や社会全体への貢献に努めます。
  3. 環境マネジメントシステムを強化し、環境への影響を軽減し、環境汚染を防止し、感覚的な迷惑を減らすための先制的アプローチを使用して、環境改善に継続的に取り組みます。
  4. 私たちは、関連する法律、規則、協定を遵守するとともに、環境改善に役立つ活動を継続的に実施するよう努めます。
  5. 地球温暖化防止、省エネルギー、資源循環に努め、循環型社会の実現を目指した資源循環を推進します。
  6. 私たちは、生物多様性の保全に努め、有機資源を事業活動において持続的に使用するよう努めます。
  7. 地域社会との共生を図り、地域社会から信頼される企業となることを目指します。

私たちはこの方針を公表し、全員に周知します。

エネルギー政策
  1. 会社の運営の一部として、適切なエネルギー管理システムを導入し、厳密に、エネルギーの法律や規制の遵守を検討します。
  2. 企業のエネルギープロファイルと使用法を遵守するための目標とプラットフォームを提供し、全従業員に理解させ、正しく参加するよう伝えます。
  3. すべてのレベルの従業員に省エネ意識を高めます。また、従業員一人ひとりが省エネルギー・管理に参加できるようにします。
  4. 資源、人員、予算、勤務時間を提供し、すべての従業員に必要な訓練を含めて継続的な改善エネルギーパフォーマンスを提供します。
  5. 環境や生産性に影響を与えずに、省エネルギーの観点から改善や建物、製品を含めた機器や機械の調達に重点を置いてエネルギー効率を重視します。
  6. エネルギーマネジメントシステムに関心のある地域社会や組織と協力して、エネルギー管理システムを公表します。
  7. 当社の管理システムを見直し、エネルギー効率の改善を継続します。

環境・省エネマネジメントを積極的に取得し、社内・工場の改善に取り入れています。
エネルギーマネジメントシステムISO50001については、会社としてはタイ国で初めて2011年8月に取得しており、エネルギーパフォーマンスの改善が、認められています。

ISO14001認証書

ISO50001認証書

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
廃棄物発生量(t) 2,241 2,277 2,545 2,512 2,625
埋立率(%) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
エネルギー使用量
(原油換算:kl)
電力 27,187 27,911 27,791 20,339 15,065
燃料 11,402 9,986 10,088 15,065 12,324
合計 38,589 37,897 37,878 35,560 27,389
温室効果ガス排出量(千t-CO2 81.5 74.3 74.3 69.0 72.8
水使用量(千㎥) 622 639 661 621 609

化学物質に関する報告

11月18日、SVHC(高懸念物質)の特別な使用の制限に関して、世界中のさまざまな国に広がりました。(欧州REACH規制。)近い将来に予測される制限の延長に備えるため、横浜ゴムは、今後SVHCをグローバルに使用することを禁止する予定です。
そのため、実際の使用状況を調査し、これらの物質の使用を排除したいと考えています。
YTMTで分類されているYTMT開始ターゲット調査SVHC10物質は次のとおりです。

  1. チョーク:混合プロセスで使用されるマーキング化合物。
  2. GIP:BDプロセスでグリーンタイヤを使用しました。
  3. シリコーンブラダー用スプレー。
  4. MPマーキング:MPプロセスでキャップにスプレーを使用。
  5. UFマーク:UF&DBマシンのFNプロセスで製品にホットスタンプで使用。
  6. Blueペイント:FNプロセスで製品に使用。
  7. UF液:製品のペイントマーカーに使用。

確認完了後、SVHC成分としての物質はありません。

2018年、お客様の要求(トヨタ)に応えるために、環境の現場管理活動(Envi-SFM)を開始しました。
化学物質について管理する必要があるトピックは以下のとおり。

第一段階として、2018年12月までに自己評価を行いました。第二段階として、適合していない項目の改善のためのアクションプランを設定します。

騒音、振動および臭気

臭気の問題に対する地元住民の懸念に対応し、従業員が工場周辺で臭気調査を実施するよう手配しています。地域社会協会の会員である地元住民との会合を毎月行っています。また、以下のパラメーターを監視するための自動記録型精密気象計器を設置しました。

確実な臭気情報を得るために、天候の監視は、外部からの臭気に関する環境苦情の予防に役立ちます。

環境事故とリスクの最小化

テストコース(TTCA)では、2018年に、排水処理槽の安定した水質確保のため、以下の取組みを実施しました。
発生する問題のリスク軽減のため、毎日、毎週、毎月の持続的なモニタリングを強化しています。

2018年の生物多様性保全活動

2013年から2017年まで事業所内の生物多様性活動区域を設定し、すべての生き物の生息状況を継続的に監視して、空気と水質を評価してきました。
2017年末に学校訪問に生物多様性エリアを開設し、近くの学校の生徒の訪問を受け始めました。学習活動は、2018年に計5回実施。生徒たちに生物多様性の知識を与えることができます。
さらに、アマタシティ工業団地やアマタシティの他の20社と協力して、アマタシティ周辺の学生に安全と環境の展示会を開催しました。YTMTは1つのブースで生物多様性の基礎を学べるよう対応しました。
私たちは、今後も生物多様性学習エリアを含む活動を維持し改善していきます。

公正な事業慣行

2018年度は、地元のサプライヤー71社を訪問し、その活動を確認しました。この訪問の結果、当社とサプライヤーとの良好な関係が構築され、公正な運営の基盤として一緒に発展することができます。

消費者課題

2018年度も、環境に配慮したタイヤ製品の開発、生産に努めています。
YTMTは、トラックおよびバスタイヤ用の新しいトレッドパターンである新しいBluEarth 707Lタイヤを発売しました。

当社のタイヤ試験施設であるYTMTプラントとアジアのタイヤ試験センター(TTCA)は、販売代理店や販売会社からの多くの訪問を受け、タイヤのノウハウを共有する機会を提供しています。2018年には合計31のグループの訪問がありました。

訪問例

2018年8月8日、タイ政府の「タイ工業規格協会(Thai IndustrialStandards Institute:TISI)」のVIPゲストが、私たちのテストコースを訪問しました。タイ自動車工業会(ATTRIC)の標準に関するUN /ECE R117「タイヤ騒音規制(Pass by Noise)の新しいテスト方法のデモが行われました。
2018年11月20日、横浜ゴムは、ASEAN諸国の販売代理店から計28人を招き、ADVAN dB V552およびBluEarth ES32の試乗会を行いました。運転メニューには、操作性やウェット性能の確認が含まれます。
2018年3月20日に、中東およびアフリカの販売代理店の約14人のグループがYTMTを訪問しました。
2018年11月29日、約29人の物流協会のメンバーがYTMTを訪問しました。
販売会社や販売代理店からの訪問に加えて、タイヤに関する知識を深めたい大学グループからの訪問も歓迎します。
2018年、YTMTは4つの大学グループの訪問を受けました。

消費者志向

2018年は、お客さまの要求を満足し、社内で品質事故をゼロにするための活動に力を入れています。目標を達成するために、私たちは横浜ゴムグループとお客さまの要求に沿った2つ活動を行いました。

1. 横浜ゴムとの安全活動

横浜ゴムグループの「安全マスタープロジェクト」の訓練を受けた後、2017年に成形工程でモデル活動(健康予知(KY:Hazard Detection)、ヒヤリ・ハット、チョコ停防止を開始しました。2018年度はその活動をすべての工程に拡大し、継続的にレベルアップします(KY4Round活動)。
そこでは、小グループを作り、その計画とリーダーグループによる評価を設定します。その活動を毎月管理者がフォローアップします。
私たちは、ヒヤリ・ハットとチョコ停活動を「Daily communication activities」と呼んでいます。その評価により、従業員の理解を確認できます。監督者は、リスクポイントデータと是正措置(1日以内の一時的および永続的な迅速な措置)を要約した後、作業領域で従業員を面接する計画を設定します。計画通りに活動を進めることができ、全体としてどのような活動が事故の減少と欠勤や致命的な事故の原因にならないか、取り組むことで、活動に参加する従業員はこの活動に感銘を受けました。
これらの活動が継続的に実施されていることを確認するため、横浜ゴムの監査員グループがYTMTを訪問し、9月に横浜ゴムグループの「安全マスタープロジェクト」をフォローしました。 この監査に続き、YTMTは、従業員の危険認識に焦点を当て、安全な生産を維持することを目的とした活動を実施し続けています。

2.顧客との安全活動

これは非常に重要です。私たちは全ての活動をカバーする安全計画を設定しました。2018年には、工場管理における安全体制、機械トラブル対応の基本ルール、機械安全リスクアセスメント、請負業者の非日常業務(高所作業)、電気機器制御など)、作業指示のレベルアップ(非日常業務)および防火システムに対して。その結果、安全意識の向上、化学物質の保管管理の改善、職場活動の改善を実現することができました。 お客様による監査は、2019年1月に完了しました。
この監査に続いて、私たちはすべての活動を実施し続けています。

苦情などへの対応

利害関係者から臭いに関する情報を入手したときは、すぐに状態を確認し、通知された臭いがYTMTの臭いであるかどうかを調査して確認し、その結果を、コミュニティに確認をフィードバックします。
2018年、YTMTは利害関係者から苦情を受けませんでした。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域社会とのかかわり

2018年には、50の活動を実施しました。

環境対応活動

YTMTは、工業団地に工場を持つ88の会社から選ばれた19の会社の1つで、タイの工業団地局から廃棄物管理の最高レベルのプラチナ賞(優秀賞)を受賞しました。

千年の杜プロジェクト活動

2017年9月に10年間の植樹活動であるGD100の目標を達成しました。
2018年も引き続き10期の植樹地域を維持しつつ、YTMT従業員による植樹と生物多様性活動に参加する学生による植樹活動を含む2,600本の植樹を行うために、総面積300㎥を拡大します。
2018年にTTCAの西側にある一般的なトラックエリアの約470㎡で5,250本の植樹計画を立て、最終的には5,775本の植樹も行いました。

就業体験

教育支援として、学生が将来のための知識を得る機会を提供します。学校で学ぶ機会のなかった当社社員の経験を踏まえ、就業体験を開催しました。2-4カ月の間に、大学での勉強とは異なる、さまざまな職場で、実際の仕事に必要な専門知識や技術を学ぶことができました。2018年には、8つの大学から合計16人の学生がこのトレーニングに参加しました。

廃飲料容器のリサイクル

2018年には120kgを寄付しました。リサイクルプロセスの後、貧困者のための住宅の建設を支援する屋根と壁を作ることができ、廃棄物処理のコストも削減することができます。

社会貢献活動

2018年12月、アマタ市CSRボランティア活動(安全と環境の学習ラリー)に協力し、アマタ市周辺の3校の生徒168名に対して、YTMTが「生物多様性」の知識を提供しました。
TTCAは、2018年度に13回、地域行政組織Tasit、Khao noi寺院、Rawerng学校、およびその他の政府組織に寄付を行いました。