LLC Yokohama R.P.Z. (YRPZ)(ロシア)

事業内容

乗用車用タイヤの製造

敷地面積

29ha

従業員数

758名(2018年12月末)

所在地

YOKOHAMA plant, SEZ "Lipetsk", Kazinka village, Gryazi district , Lipetsk region,Russia,399071

相談・苦情などの受付窓口

人事・管理部門
TEL:+7(4742)727-800 FAX:+7(4742)727-900

社長ご挨拶

川田 一夫

LLC Yokohama R.P.Zは2012年にロシアの首都モスクワの南約450kmにあるリペツク地区で生産を開始しました。
2018年は日本とロシアの異文化交流年に当たります。これは、両国間のさまざまな文化交流行うことを意味します。日本文化をリペツクのコミュニティに紹介し、ロシアの方々が当社の理解をより深めるために、リペツク商工会議所との共同イベントを開催しました。日本美術「細部の美しさ」の展示会で、コミュニティから好意的な反応を受けました。私たちは以下の目標で事業運営を行っています。

・お客さまが安心して私たちの製品を購入していただける、クリーンで高品質な工場を作ります。
・従業員が誇りを持って働ける、魅力的な会社をつくります。
・ロシアの市場環境に柔軟に対応します。

生産活動開始から5年、私たちは安全(S)、環境(E)、品質(Q)、デリバリー(D)、コスト(C)を重要事項として位置づけ、その中でも安全(S)は最重要事項として取り組んでおり、全従業員が安全に日々の業務を終え、帰宅できる事を切願しています。
2018年度にTS 16949認証からIATF 16949認証への切り替えを行いました。
また、2016年12月に環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得し、2014年度からは若手世代の環境意識向上を目的としたグリーンウェーブ・プロジェクトへの参加を通じ、地域社会に積極的に取り組んでいます。
今後も、お客様、従業員、地域社会から信頼される企業を目指して事業を進めていきます。

組織統治

コンプライアンス

私たちは業務に関わるすべてのロシア法令を遵守する会社となるべく取り組んでいます。
法務、コンプライアンス、内部統制部門を通じて、ロシアの法令事情を定期的にチェックし、新規法令や法令改定の情報は、速やかに経営陣や関連部署に通知して対応しています。
2016年7月以降、匿名の内部報告ツールとして、Whistle BlowingSystemを運用しており、新入社員を含む全従業員に対して、システム運用を定期的に働きかけています。
2017年度にはYRPZのコンプライアンス教育が強化されました。2017年8月からYRPZの法務部門より、コンプライアンスに関するケーススタディの提供を開始しました。このコンプライアンス・ケーススタディは、当社にとって最も重要な問題を網羅し、毎月提供しています。
コンプライアンスマニュアルが発行され、2018年3月に全員がフォローできるようになりました。

人権

当社の活動において、人権侵害の事例はありません。国籍、民族、宗教、性別、年齢、容姿に関わらず、採用活動、および就労条件において、すべての従業員に対して、平等且つ公平な待遇で接しています。

労働慣行

当社は安全(S)、環境(E)、品質(Q)、デリバリー(D)、コスト(C)の順位で業務に優先順位をつけています。

労働の安全

「安全(S)」が最優先事項であり、以下の措置を通じて、継続的に安全基準を維持し、改善するために常に努めています。

  1. 従業員に対する安全教育
  2. 安全意識評価
  3. 内部の健康、安全、環境検査(毎日)
  4. 内部安全委員会による検査パトロール(毎週)
  5. 社長が議長を務める安全パトロール(毎月)
  6. 安全会議(月例)
  7. 労働条件に関する職場環境の評価
  8. 個人用保護具(PPE)の提供

2018年度には、生産時に特有の危険な状況に対する従業員の認識を高めるために、「Horror Chamber」を設置しました。この特別なデモンストレーション用試験装置を使って、特有の危険な状況を従業員に示すことで、安全でない行動の結果がどうなるのかを理解させます。
2018年には、安全目標であった500日間の無事故(2017年8月1日から2018年12月12日まで)を達成しました。すぐに、新しい目標(~700日間の無事故操業)を設定し取り組んでいます。
2018年度、私たちはニアミス報告手順の改善を続けました。2018年10月に、社内のニアミス手順の改正版が発行されました。2018年に当社の従業員が提出したニアミスレポートの数は、当初目標の4,334件に対して4,633件、そして是正・予防措置は3,962件でした。
高所作業の安全性を確保することに焦点を当てた最近の法改正に続いて、そのような作業の安全性を確保するための措置も講じました。従業員は、高所での作業の過程で使用されるPPE(個人用保護具)と、そのような作業での安全なパフォーマンスに焦点を当てた特別なトレーニングを受けました。

火災の予防安全

Fire training

2018年、火災の安全性を高めるために積極的な対策が講じられました。

  • スタッフを対象とした防火訓練が年間を通じて開催されました(工程別)。
  • 2018年6月1日、全従業員と地元の消防隊が参加する合同消防訓練が開催されました。訓練を終えて、改善のための小さな推奨事項が考慮されました。
  • 2018年度に改定した法的要求に基づき、可搬式消火器が購入され、各工程の部門と倉庫に設置されました。
  • 当社の代表者は、ロシア全土で開催された特別な訓練に参加しました。その訓練は、事故や緊急事態の発生を抑制する内容でした。

健康促進

従業員の健康促進することは、「安全」の確保のために不可欠です。従業員の健康状態は定期的にチェックされ、募集時および定期的な健康診断によって予防的に監視しています。全ての従業員の健康診断の記録は、YRPZ工場内の医療機関内に保管されています。
VMIプログラム(任意の医療保険の提供)はロシアの法律で義務付けられていません。2017年以降、YRPZは従業員全員に任意保健を提供し続けています。YRPZが行うVMIプログラムは、リツペク地区内で使用可能な保険範囲と医療機関の数の点で、同地域で最高となっています。VMIを通して、従業員は質の高い迅速な医療を受け、健康を回復する良い機会を得られます。

教育と研修

従業員の専門技能や知識を増進するために、当社は社内外のさまざまな研修を実施しています。
社内研修では主に業務における安全と健康に関わる研修を行っています。社外研修では外部のコンサルタント会社の協力も得て、多くは外部委託して講師を招いての従業員の訓練に尽力しています。
これは、従業員の知識やスキルの専門化、高度化を目的としているためです。
さらに、希望者に対して業務時間外に外部から講師を招いて英語クラスを開講しています。その後特定の英語能力を発揮する個人には特別手当を支給しています。

障がい者の雇用

2017年以降、4人の障害者がいます。雇用された各個人は、いかなる偏見もなく治療を受け、かつ当社の他の人たちと同じ開発および改善に関わる業務の機会を得ています。

労働環境の改善

毎年1回、すべての従業員に対して労働アンケートを実施しています。
自分の仕事に対して感じる満足度、会社に対して感じる忠誠心、モチベーション、そして問題点を調査しています。調査結果に基づき、2018年度には、従業員のエンゲージメントレベルを高めるために職場環境の改善に取り組みました。

環境

環境マネジメント

ISO14001登録証

「環境(E)」は、「安全(S)」に次いで重要な課題であります。当社は環境に関わるロシア法令の順守はもとより、環境に十分に配慮した会社となるべく努力しています。
常に環境法を監視しており、新たに改正された法律や規制を順守するために最善を尽くしています。
2018年度は、環境マネジメントシステムISO14001の2回目の外部監査を受け合格しました。認証継続され、次の監査は、2019年11月に予定されています。

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
廃棄物発生量(t) 717.1 1,344.4 1,196.4 1,165.7 1,211.0
埋立率(%) 0 0 0 0 0
エネルギー使用量
(原油換算:kl)
電力 1,144 4,843 4,530 4,989 5,232
燃料 9,343 5,271 4,838 4,875 4,918
合計 10,486 10,114 9,368 9,865 9,865
温室効果ガス排出量(千t-CO2 16.2 19.9 16.8 17.7 18.2
水使用量(千㎥) 63.4 73.2 54.8 51.5 50.1

産業廃棄物への取り組み

産業廃棄物の処分は、ロシア当局によって厳格に管理されています。したがって、工場で発生した全ての種類の廃棄物は、正式に認定された請負業者によって適切に処理されます。
当社は継続的に産業廃棄物の排出量の削減に努めています。
前年度の発生量1,166トンと比較して、2018年度の廃棄物発生量は約3.8%増の1,211トンでした。
その結果、タイヤ製品一本当たりから排出される廃棄物重量は0.75kg/pcとなりました。2018年には、リサイクルする廃棄物量を増やす努力をしました。紙と厚紙の分別収集とリサイクルが開始されました。その結果、2018年8月から12月までの期間に以前は廃棄処理していた13,350kgの紙と厚紙がリサイクルされました。

使用済みタイヤ(ELT)の廃棄

ロシア連邦政府による規制dd。09.04.2016 No.284では、タイヤなどの特定の商品の生産者と輸入者の責任を規定しており、消費者の財産(使用済み製品)を失った後、そのような商品を確実に廃棄するため、YRPZは規制を順守する義務があります。生産者と輸入者に2つの選択肢が提案されています。政府が定めた課金表に基づいて環境課金を支払うか、自身または廃棄物処理の組合に加入して、使用済み製品の廃棄を保証し手配することとなります。
2018年10月、YRPZは「Eco Tyres Union」(タイヤおよびゴム製品のリサイクル基準を自主的に順守するタイヤ製造業者と輸入業者組合)に参加しました。この組合のすべてのメンバーは使用済みタイヤの共同リサイクルを保証するため、リサイクル会社と契約しました。

水使用量の削減

多くの取り組みにより、水の消費削減を進めることができました。水の消費量は2017年度の51,450㎥から2018年度の50,091㎥に削減することができました。
具体的には、2018年の水の消費量を削減するために、次の活動を実施しました。

排水の管理

当社では、工場各所から排出された水は下水道に排水される前に、信頼できる方法で管理しています。
しかし、YRPZの環境リスク分析では排水リスクを更に下げる必要があります。そこで、2018年の排水汚染防止計画を実施し、次の措置が取られました。

省エネルギー

重要な課題として、エネルギーの効率的な利用を改善する努力を続けています。2018年度は、特に次の省エネ対策を継続実施しました。

千年の杜と生物多様性の取り組み

生物多様性の回復

環境に責任のある企業を目指して、環境への生産活動の悪影響を最小限に抑えるよう努めています。2017年度には、地元のボロネジ(Voronezh)森林大学の森林専門家に協力を仰ぎました。科学者の指導の下、自然条件で特別に栽培され、大学側で選択した松の苗木をロシアの伝統的な方法で実験苗木として植えました。苗の生存率と成長は、YRPZと大学によって共同で監視しました。2018年の冬以降、苗木の生存率は92%でした。

生物多様性への取り組み

2014年にグリーンウェーブ・プロジェクトに参加して以来、毎年、生産活動の結果として失われた生物多様性の回復に貢献し、若い世代の環境意識を高める努力を続けています。2018年には、ボロネジ森林大学の学生をグリーンウェーブのイベントに招待しました。

グリーンウェーブ活動

グリーンウェーブ活動

公正な事業慣行

内部統制

契約、購買、決済等における社内の承認プロセス、および社内規定を確立し、担当マネージャー、法務、経理による確認、および最終決裁者による承認を経て、不正の発生しない管理体制のもと業務を行っています。

ビジネスパートナーの選定

ロシア国内の新しいサプライヤーからの原料調達に関しては、横浜ゴムの購買部門との連携を行いつつ、公平な選定をしています。
取引先を選択する際には、信頼できない、および違法な企業との取引を避けるため、法的順守と信頼性を常に確認しています。そのため、関係文書や事業の評判を含む調査を事前に行っています。その結果、年間の工場操業の中で、信頼できない、違法または破産した企業と契約を結ぶことは一度もありませんでした。

消費者課題

品質マネジメントシステム

2018年度も品質管理の改善に取り組んでいます。
4月に、ISO/TS 16949からIATF 16949認証への移行監査に合格し、その適切な運用を証明する認証書が8月にYRPZに発行されました。

OEメーカー*への納入

2018年度も、YRPZはロシアの日産、トヨタ、三菱自動車、フォルクスワーゲンの工場へのOE納入を継続しました。
OE納入事業の拡大に努めています。OEメーカーによるすべての2018年度の定期監査も合格しました。

消費者とのコミュニケーションの強化

消費者との直接の窓口は販売会社であるLLC Yokohama Russiaですが、同社との連携のもと、商品の市場での評価の情報収集に努めています。LLC Yokohama Russiaの顧客である小売業者向けの工場見学とプレゼンテーションを実施しています。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

社内活動

当社は継続して社員内でチームスピリット、およびロイアリティの醸成に心がけています。

職場体操競技

2018年11月、私たちはリペツク地域の身体文化とスポーツのために地方自治体が開催した職場体操競技に参加しました。コンテストでは、従業員が各部門の職場で朝の運動をどのように行っているかを示すビデオを作成しました。審査員は126件の参加者のビデオを見て、受賞者を選びました。YRPZは3位になりました。コンテストの勝者として、YRPZは優秀賞証書とカップを獲得しました。コンテストの全期間(1か月)の間、参加者のビデオにもオンライン投票ができました。
YRPZのビデオは、投票の過半数と視聴者からの好意的な評価を得たビデオの1つでした。このコンテストは、私たちのチームスピリットを強化し、地域コミュニティに健康的なライフスタイルを促進する良い機会でした。

職場体操の様子

職場体操の様子

サッカーチームの活動

YRPZサッカーチーム

YRPZサッカーチームは、優れたパフォーマンスを示し、ファンと観客に喜びをもたらす魅力を持ち続けています。2018年、YRPZサッカーチームは地元のサッカー大会に参加し、9試合中7試合で勝ちをおさめ、結果として2位を獲得しました。大会運営委員会とファンの両方は、私たちのサッカーチームが常に非常に美しく、鮮やかで熱心なプレーを見せていることに注目しました。

社外活動

日本美術展

2018年は日本とロシアの異文化交流年です。当社とリペツク商工会議所は共同イベントを開催しました。地元の伝承博物館が主催する日本美術「細部の美しさ」の展示会です。
このイベントの目的は、ロシアの人々に日本の芸術と文化を紹介し、ロシアと日本の人々の間の文化的および経済的なつながりを強化することでした。展示会の訪問者は、美しい日本の展示を楽しんだり、好きなものを購入したりする機会がありました。

地域社会と共存し、また近隣の企業や組織との関係を強化する目的で、2018年も外部の訪問者向けに工場のツアーを何度も実施しました。
参加者は、外部企業の代表者、大学生、学童、地元のロシアの大臣やロシア政府のメンバーなどのVIP訪問者を含む連邦当局です。
株式公開企業として、地域社会との交流を図るために、YRPZは重要なイベントを中心とした多数の資料(記事)をマスメディアに公開しました。

YRPZの公式ウェブサイト

また、定期的に開催されるさまざまなフォーラム、セミナー、会議など、社外で行われるイベントにも積極的に参加しています。このような活動を通して、私たちは会社のイメージを改善し、外部企業と良好な関係を築くことを目指しています。2017年度はYRPZ従業員が、環境、安全衛生、TPSおよびHR会議の出席者および発表者として積極的に招待されました。