Yokohama Tyre Vietnam Inc. (YTVI)(ベトナム)

事業内容

オートバイ用タイヤ(MC)、小型トラック(LTB)・産業車両用タイヤ(ID)自動車スペアータイヤ(PCB)の製造・販売。2016年度より乗用車用ラジアルタイヤ(PCR)をはじめとするヨコハマのラジアルタイヤの輸入販売を開始

敷地面積

44,400㎡

従業員数

629名(2020年12月現在)

所在地

No.17, Street10, VSIP, Thuan An City, Binh Duoung Province

相談・苦情などの受付窓口

administration section TEL:(+84)0274-3767-909 FAX:(+84)0274-3767-029

社長ご挨拶

黒川 泰弘

ヨコハマタイヤベトナムはベトナムホーチミン市の北部Binh Doung省の工業団地に生産拠点を、ホーチミン市内とハノイ市内にセールスオフィスを構える製販一体の会社です。
生産品種はMC、LTB、ID、PCBとヨコハマグループの他工場にはないタイヤを生産しております。 販売においては乗用車・商用車の急激な増加に伴い、従来より販売しているMC、LTBに加えPCR、LTRの拡販活動を行い市場ポジションの向上を目指しています。

「安全・環境・品質」の3つを活動の柱とし、
☆ 安全が全てに優先することを徹底し、
☆ 従業員が安心して働ける職場を作り、お客様に安心して使っていただける商品を提供し、
☆ ベトナムでの社会貢献活動にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。
今後、市場の大きな変化が見込まれるベトナムで信頼され存在感のある企業を目指して全員で取り組んでいきます。

組織統治

当社の方針・規範に基づいて、定期的な法令順守の従業員教育を実施し、コンプライアンス順守の意識付けを図っています。
承認権限や承認ルートに関する取り決めを見直し、実務に即した運用しやすい形に改定してきました。
会議体の見直し、階層別の情報共有化と意思決定、効率的でローカルメンバー主導の運営を意識して取り組んでいます。
2020年は9月に人事部門による会社規則教育を、全従業員を対象に実施しました。

人権

2020年も3月の国際婦人デーと10月のベトナム婦人デーに労働組合と連携し、コロナ禍に於いて大人数の集合を避けつつも記念品授与などを企画しました。

ベトナム婦人デー

クッキングコンテスト
※コロナ禍で大人数の集会を避ける為、クッキングコンテストは未実施 写真は2019年

労働慣行

労働者からの苦情・要望

四半期に一度、労働者からの意見・苦情・要望を集め、労使協議会で会社側の考え方を説明した後、個別の対応を実施しています。また、2020年度も毎月1回のグリーンデーに合わせて組合員と会社代表との意見交換会を実施し、より細かな要望等に対しての迅速な対応と組合との関係強化を図りました。

従業員とのコミュニケーション

従業員とのコミュニケーションの強化を目的に、エンドイヤーパーティー等さまざまな企画を実施しました。

エンドイヤーパーティー

従業員の教育・訓練

毎月1日をグリーンデーとし、工場内外の清掃やゴミの分別教育を通じて、環境意識の向上を図っています。
2020年は9月に人事部門による会社規則教育、11月に品証部門による品質不正防止教育といったコンプライアンス教育を、全従業員を対象に実施しました。
また労働災害防止教育のひとつとして、体感訓練道場を設け訓練を行い、危険に対する意識向上を行っています。

災害時の対応

火災や災害発生時の対応訓練を計画的に実施しており、各従業員は最低1回/年の参加を義務付けており、2020年度からは全従業員に対して消火器使用の実演訓練も実施しています。
また地域柄の対応として食中毒対応訓練なども実施しています。

消火訓練

男女平等

会社幹部(部長クラス)への女性登用を促進しています。10名の部長職のうち、3名が女性です。

環境

毎月の環境/省エネ活動現場フォローや産廃処理業者の定期監査などを実施しています。
毎月1日を「グリーンデー」として、工場内外の清掃やゴミの分別教育を通じて、環境意識の向上を図っています。
2020年度は10月に15人の従業員が参加しタイニン省のLò Gò Xa Mát国立公園での生物多様性保全活動を実施しました。
また各エネルギー使用量、産業廃棄物・温室効果ガス排出量の削減活動にも積極的に取り組んでいます。
これらの活動をGreen Wave活動の一環として継続していきます。

国立公園での生物多様性保全活動

国立公園での生物多様性保全活動

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
廃棄物発生量(t) 360 444 512 481 443
埋立率(%) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
埋立量(t) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
エネルギー使用量
(原油換算:kl)
電力 2,224 2,458 2,774 3,005 2,777
燃料 1,426 1,755 2,020 2,253 1,937
合計 3,650 4,213 4,794 5,258 4,714
温室効果ガス排出量(千t-CO2 8.2 5.8 6.8 7.8 7.6
水使用量(千㎥) 48 44 41 45 35.8

公正な事業慣行

工場見学

サプライヤーへの監査・工場見学や意見交換などを実施しています。
また社内でのコンプライアンス教育(社内規則・品質不正防止)を実施しています。

消費者課題

消費者とのコミュニケーション

OFFICIAL WEB SITE及びFacebookやYoutube Channelの運営によりベトナムマーケットのお客様へ当社の活動や製品の情報を随時発信しています。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域社会とのかかわり

例年では社会福祉施設(養老院や孤児院等)を訪問し物資の寄付を行っていますが、2020年はコロナ禍により集会が禁じられた為、実施できませんでした。

地域貢献

例年では近隣の小中学校を訪問し、生徒と共同で植樹活動及び生活困窮な生徒達へのギフト進呈を行っていますが、2020年はコロナ禍により集会が禁じられた為、実施できませんでした。
しかしながら、2020年は4月には代理店・カークラブ・地方自治体と協力し、新型コロナにより生活への影響を受けた方々への支援活動を、また 10月から11月にかけて台風や熱帯低気圧の影響で2度の大きな自然災害に見舞われたベトナム中部各地方の被災地に対しては、被災地の代理店等の力をお借りしチャリティによる売上金の支援、また当社メンバー有志によるガレキ撤去等の人的支援活動を行いました。

コロナによる生活困難者支援

自然災害被災地支援