Yokohama Tire Philippines, Inc. (YTPI) (フィリピン)

事業内容

タイヤ生産

敷地面積

452,019㎡

従業員数

2,731名(2019年12月)

所在地

Industrial Estate 5, Clark Freeport Zone, Philippines

相談・苦情などの受付窓口

TEL: +63 (45) 599-3603 FAX: +63 (45) 599-3613
メールアドレス:angelina.casasola@ytpi.com

社長ご挨拶

小林 一司

2017年4月から2019年12月までの2年間の中で、2017年5月に発生した火災事故により、業務に大きな支障をきたしたにもかかわらず、全社員の総力を結集して、「One Team」として「安全」「環境」「品質」「納期」「コスト」「人」の面でV字回復を達成しました。
特に電気設備のメンテナンスを中心に防火活動を強化しました。
3,200項目以上の改善により、YRC全子会社の防火活動でNo.1となりました。
また、生産管理活動委員会を通じた、管理者・作業者間のコミュニケーションが大幅に改善された、この活動はヨコハマタイヤ工場の中で世界No.1であると自負しています。
この2年間で、スクラップと在庫を大きく削減しました。スクラップ率は3.5%から1.8%に改善し、在庫数は8万台から5千台に減少しました。これらの結果、利益は数百万ドル増となりました。
今回の火災は横浜ゴム全社大きなダメージを与えました。私の役割は第3期エリアをタイムリーに復旧・復興させることです。2019年後半からは当初の予定より1週間ほど前倒しで生産・出荷を行い、計画を達成することができました。
タイヤ生産における革新的で環境に優しいソリューションの確立に向けて努力を続けています。競争力をつけるためには、少ない人手で生産量を増やすために、タイヤ業界の自動化や半自動化を構想しています。
YTPIは無限の可能性を秘めた素晴らしいグループです。今後ともステークホルダーの皆様のご愛顧とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

組織統治

企業理念

高品質なタイヤを生産することが私たちの最大の誇りです。私たちは自分たちの仕事に誇りを持っています。
私たちが生産するタイヤがお客様の厳しい要求を満たすことを目指しています。
これらを達成するために、私たちは、環境と地球資源の保全と保護に努め、人材の能力開発に努め、機械を最大限の効率性と生産性で使用します。
この企業理念は、私たちが成功し、株主の皆様と従業員の幸福に貢献することを確信するためのものであり、フィリピンの経済発展に貢献しています。

私たちの行動憲章

"私たち横浜ゴムおよびその子会社は、人権を尊重し、行動します。
私たち横浜ゴムおよびその子会社は、国内外の関係法令・規則を遵守し、持続可能な社会の発展を推進するとともに、社会的責任を持って行動します。"

企業コンプライアンス

YTPIの多くのステークホルダーの利益のバランスに配慮したシステムを構築しています。
会社の目的を達成するための綱領となるルールと内部統制が整備されました。

内部通報制度への適合性

贈収賄防止競争防止法

横浜ゴムは、全子会社に対し、「公益通報制度報告制度」及び「贈収賄防止法」を通じたコンプライアンス方針の強化を指示しており、これに関連してYTPIは、横浜ゴムのグローバルコンプライアンス方針の法務顧問と連携し、コンプライアンスと報告制度の調和を図っています。
従業員にYTPIのコンプライアンス・ポリシーとその実施ガイドラインの原則を身につけさせるために、主要人員と監督者は認定法律事務所(Sycip, Salazar, Hernandez, Gatmaitan Law Firm)による研修を受け、その他の従業員は社内研修を受けています。
YTPIでは、今後の内部統制の充実に向けて、内部監査憲章の作成や内部監査の導入などを計画しています。

YTPIのFEAR(Fraud EliminaonとAccountability Role)FACTOR

YTPIのFEAR(Fraud Elimination and Accountability Role)ファクタープログラムでは、下記を維持することを目的としています。
・不正・不正行為の排除・最小化に努め、社内の倫理環境を整備します。

人権

YTPIは、クラーク自由経済特区での雇用提供ではトップレベルを維持しています。
当社は、他の日系企業やBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業と並んで、日本を代表する企業の一つです。
今年は222人増加し、総従業員数は2,731人となりました。管理職が2%、スーパーバイザーが14%、チームメンバーが84%となっています。人員は依然として男性が優勢で97%を占めています。従業員の多くはルソンを拠点としていますが、大半はパンパンガ出身です。地域での雇用機会を提供することを目的としています。
採用と人材獲得は、様々なソーシングチャネルを通じたもので、パンパンガの地元の雇用可能な年齢層を中心に、民族や性別に関係なく平等な雇用機会を提供しています。

労働慣行

健康と安全の方針

"YTPIは、従業員が最も重要な財産であり、人命を守ることを信条としています。積極的なリスクアセスメントと安全衛生マネジメントシステムにより、これを達成することを目指しています。"

安全と健康文化の推進

事業活動の第一線で活躍する社員の安全衛生を第一に考えています。私たちは、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)に基づき、安全で健康的な職場環境を提供することに専念しています。
私たちは、以下を実践します。

  • 年次健康診断(AME)に100%準拠しています。
  • 薬物のない職場の推進・創出(禁止薬物の乱用をしない)
  • 予防接種・予防接種プログラムによる疾病対策
    • インフルエンザ(全社員に配布)
    • 子宮頸部(女性社員に支給)
    • コレラ対策(選抜された社員に支給)
    • 破傷風予防ワクチン(必要に応じて投与)
  • 健康関連の講演会を無料で提供
    • 肺炎・インフルエンザ講演会
    • フィットネス&ウェルネス講座
    • HIVエイズとPTB講演会
    • 気候変動・熱中症等に関する講義
    • 拡大母子法(RA 11210)と母乳育児法(RA 10028)の説明会
  • 健康診断などの健康関連プログラムを無料で提供
    • 目の健康診断
    • ブラッドレットプログラム(四半期ごと)
  • 従業員(および家族)との関わりを通じた従業員同士の強い仲間意識の醸成
    • 毎年恒例のファミリーデー
    • 毎年恒例のスポーツフェスティバル
    • 還暦祝い(毎年恒例のクリスマス会)

安全文化の構築

YTPIの安全文化は、私たちが誇りに思っている最も重要なベストプラクティスです。これは、私たちが行うすべてのことにおいて、常に第一に考えられています。
当社独自の「安全十戒」を通じて、安全意識の向上を推進しています。

教育訓練

従業員が変化や発展に対応できるように、当社のHRトレーニング&開発チームは、機能面だけでなく、組織面や行動面でも全階層を対象とした様々なトレーニングプログラムを用意しています。
ILUOトレーニングニーズアセスメント(TNA)システムを使って、スキルのギャップを特定し、社内および/またはオフサイトの学習でそれらを埋めるためのトレーニングの必要性が毎年評価されます。
このような継続的なスキルアップと習熟度向上の取り組みは、会社の目標達成に大きく貢献しています。
2019年度、各階層の社員を対象とした社内外のスキルアップ研修参加者は計5,927名でした。

当社は、従業員が会社の成功のための重要な財産であると信じています。
福利厚生プログラム、ヘルスケア、ライスインセンティブ、ボーナス、退職金プログラムのほか、個人の成長とキャリアアップ、ウェルネス、ワークライフバランスをサポートしています。

環境

環境方針

ラジアルタイヤのメーカーであるYTPIは、環境と地球資源の保護に努めています。リデュース、リユース、リサイクルをみんなで考えることで、材料や資源の効率的かつ効果的な利用を達成することを目的としています。

使用量

YTPIの今年の消費量は、第3期の運転再開に伴う2019年の生産量が9.04%増加したことにより、2018年の消費量と比較して、電力が9.63%、燃料が16.93%、水が15.22%増加しています。

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
廃棄物発生量(t) 4,023 4,180 4,137 4,140 3,544
埋立率(%) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
埋立量(t) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
エネルギー使用量
(原油換算:kl)
電力 18,113 18,248 15,100 15,647 16,941
燃料 17,020 19,760 17,299 17,542 20,146
合計 35,133 38,007 32,399 33,189 37,087
温室効果ガス排出量(千t-CO2 81.7 89.3 76.5 78.2 87.8
水使用量(千㎥) 545 582 559 549 633

生産量

2019年の生産量は昨年と比較して9.04%増加していますが、これは主に第3期エリアでの生産増加によるものです。

廃棄物と排水

YTPIは、2019年の廃棄物発生量を昨年の発生量と比較して13.50%削減しました。埋め立てやリサイクルできない廃棄物が全体の0.28%を占めており、0.5%を下回っていることから、「埋め立てゼロエミッション」と考えることができます。再利用可能なリサイクル率は97.6%です。

生産効率

2018年のデータと比較すると、約9.0%の増産があります。しかし、タイヤ 1 本当たりの消費量(原単位)は、2018 年が 2019 年と比較してより効率的であることを示しています。この結果は、主に昨年2017年の火災事故後に第3期エリアの操業を再開したことに起因する可能性があります。
具体的には、消費量の増加は、(1)圧縮空気需要の増加に伴う第3期エリアの電力使用量の増加と新ミキサー13号の運転、(2)新設されたGH工程の運転、IJ工程の試験とN2ガス加硫による燃料使用量の増加、最後に(3)遠心冷凍機、冷却塔、機械TCU、CT油圧運転、新ミキサー建屋建設と火災予防活動の強化による水使用量の増加に依ります。

YTPI 4MW 太陽光発電

YTPIは、新たに屋上に設置した4メガワットの太陽光発電で、環境保護・省エネルギーへの取り組みをさらに強化しています。屋上太陽光発電所としては国内第2位の規模を誇ります。
ルソン島の中央部では最大規模で、15,000枚のパネルと24,000平方メートルの屋根面積を持ちます。年間平均540万キロワット時のエネルギー収量があると推定され、年間2,600トンの二酸化炭素排出量を削減できると推定されています。

YTPI生物多様性保全活動(植樹活動)

YTPIでは、一本一本の木を定期的にチェックしながら小さな森林を維持しています。これは、フィリピン大学ロスバニョス校の林業学科による樹木の選定・育樹手順によって可能になっています。
樹木の種類、仕様、生育状況は、YTPIの生物多様性チームが収集したデータから追跡することができ、オンラインでアップロードされます。

公正な事業慣行

責任ある調達の実践

私たちの責任は、横浜ゴムタイヤ工場としてだけでなく、フィリピンのタイヤ製造業の大手企業として、株主や従業員だけでなく、事業に直接、間接的に関わるすべての関係者にプラスの社会的影響を与える必要があることを認識しています。

今年は、調達予算の28%が直接・間接資材ともに地元のサプライヤーに支払われました。
天然ゴム(NR)購入の現地化は、ミンダナオ島の農民や天然ゴム加工業者に利益をもたらし、現地の人々に安定した仕事を提供しています。
当社は、コスト削減だけでなく、フィリピンの地場産業の維持にも貢献するために、非重要部品やサービスの現地化をさらに進めていきます。当社の資本機械のエンジニアリングサービスや金型修理サービスはすでに現地化されています。
サプライヤーを選ぶ際には、責任ある事業運営のビジョンが一致していることを確認しています。
当社のサプライヤー認定とパフォーマンス評価には、サプライヤーの法的、環境的、社会的コンプライアンスに関するチェック項目が含まれています。

消費者課題

品質方針

"高品質なタイヤを生産することが私たちの最大の誇りです。私たちは自分たちの仕事に誇りを持ち、生産したタイヤがお客様の厳しいニーズと高い基準を満たしていることに満足しています。"

顧客満足度

お客様にふさわしい品質のタイヤを提供したいという情熱に駆られ、「お客様第一主義」の理念に基づいてタイヤを製造しています。私たちは「日本の技術とフィリピンの職人技」というキャッチフレーズを掲げています。

2019年品質月間テーマは "品質リスクをなくすためにルールを守り、100%ルール遵守で品質不祥事をゼロに"

重点を置く活動は、以下の3項目です。

YTPIの主なお客様

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

私たちは、企業として、また個人として、周辺の地域社会に奉仕します。
「YOKOHAMA Cares(未来への思いやり)」は、社会全体の経済発展と生活の質の向上に貢献するためにあることを認識しています。
年間予算の一部を人道的な活動に充てており、従業員には会社が主導する地域社会に根ざした活動へのボランティア活動を奨励しています。

教育プログラム

YTPIは「若者は明日の希望である」という言葉を掲げています。そのため、私たちは教育に力を入れています。私たちは、聡明な若者の潜在能力を引き出す鍵は、生活の中での地位に関係なく、アクセス可能な教育と学習の機会の平等であると信じています。

健康プログラム

環境貢献

YTPIは、地域社会の環境を保全・保護する様々な社会的責任事業を通じて、環境保護を推進しています。2019年、YTPIは「Forever Forest Expansion 3」のようなより大きな持続可能な効果を保持することを目的としたいくつかの環境保護プロジェクトを実施し、アンジェルス市の流域の自然の回復に貢献しています。

国際的な森林再生の呼びかけに対し、当社従業員が最大600本の植樹をしている千年の杜活動があります。
YTPIは、5月20日、Brigada EskwelaのClemente N. Dayrit Sr. Memorial High Schoolに100本の苗木を寄贈しました。この活動は、横浜ゴムが提唱する環境保護・保全活動の一環として行われています。YTPIでは、自社の苗木や苗木を自社の保育園で栽培し、準備が整い次第、植栽地に移植しています。

YTPIが取り組む企業の社会的責任マップ

ビジネスパートナー、地方自治体、ステークホルダーの皆様からの継続的なご支援を得て、国境を越えた活動を目指しています。今年は、バギオのセントルイス大学、カガヤンデオロのミンダナオ科学技術大学に続くパンパンパンガ州外で3校目の提携校であるヌエバ・ビズカヤ・ルソン地域IIにあるセント・メリーズ大学と奨学金協定を結びました。

YTPIの2019年度の成果

2020年度目標

経営メンバー