蘇州優科豪馬輪胎有限会社(CSZY)(中国)

事業内容

乗用車用タイヤの製造・販売

敷地面積

201,500㎡

従業員数

822名(2019年12月末)

所在地

中国江蘇省蘇州市高新区華橋路158号

相談・苦情などの受付窓口

TEL:0512-6818-1008 FAX:0512-6818-1007
メールアドレス:xc.li@cszy.yokohamatire.com

社長ご挨拶

高良 達夫

この蘇州の地は、米、お茶、そして日本では上海ガニと呼ばれる淡水ガニの名産地でもあり、魚も豊富にある非常に実り豊かな地域です。よって、日本からも観光ツアーが組まれ、多くの方が訪れています。

このような地で、2008年トラック・バス用タイヤの工場として操業を開始し、2014年から乗用車用タイヤ生産を加えてきました。2017年トラック・バス用タイヤの生産を終え、乗用車用にリニューアルした工場が2019年10月から生産を始め10月12日には開所式と「千年の杜」の植樹活動を同時に実施しました。また、2019年11月には乗用車用タイヤ1,000万本を達成し、リニューアルした工場を含めて2020年には、年間670万本の能力を有する予定で中国での乗用車用タイヤ生産拠点として存在感を高めつつあります。

PC二工場開所式

この豊かな地で地域に貢献できる活動を行い、地域に根付く活動をして地域と共存した会社になることを目指しています。
一方、豊かな地であるが故、環境に対する感度は高く、その規制も日本に比べてはるかに高く臭気・VOC等への環境対策はハイレベルを求められます。地域の経済発展のために操業を高めると同時に環境規制にしっかり対応していく、まずは、これを基本に活動し、更に太湖での稚魚の放流活動への参加、「千年の杜」の植樹活動の継続・地域での生物多様性活動を進めていきます。

従業員に対しては安全衛生活動を通じて「自分の安全が家族の幸せ」を実感できるようにしていき、「従業員と地域社会にとって魅力ある企業になる」を達成するために皆様から愛され、信頼される企業となるよう従業員一同努力していきます。

組織統治

行動規範

行動規範を設定し、会社の方針と一緒にカード作成し、全従業員に配布しています。

職場コミュニケーション

会社の中で経営会議、原価会議、安全会議、環境会議、品質会議、人事委員会、部長会、課長会、総経理全員朝礼、現場朝会などの重要な会議体を定期的に実施し、会社の意思決定を行っています。

人権

CSR教育

中級工程師以上の管理職を対象に四半期1回の頻度でコンプライアンス教育を実施しています。年2回で全員コンプライアンス教育を計画実施しています。内部統制チームメンバー対象に内部統制関連の教育を実施しています。CSR工場誌を四半期1回発行して関連知識の周知をしています。

苦情解決

従業員については、人事課で現場の声を聞き改善をしています。周辺住民を配慮し、環境設備の改善を進めています。

労働慣行

安全・健康な職場環境づくり

標語:我的安全,家人的幸福。(私の安全は家族の幸せ。)
ISO45001のシステムで安全活動を展開しており、定期的に設備のリスクアセスメントと標準作業書の公開作業観察による改善を実施しています。
新人入社時、労働条件、安全衛生、環境等について教育を実施。職場ごとに教育計画が設定されていて作業手順書、作業の安全等についても教育をしています。
2019年度の労災は4件でした。標準作業及び新人認定の充実、危険予知能力の向上など、災害再発防止の活動を進めています。

労働における安全衛生

毎年国の規定に従い、資格を持っている業者に依頼して職場環境の測定を行っています。また従業員全員が健康診断を毎年実施しています。

労使関係

会社と工会(労働組合)の定期的会合で意見交換を実施しています。また2016年において会社と工会の間で、労働者の基本権利を保護する旨の包括契約を締結しました。

人材育成・訓練

ISO45001のマネジメントシステムに従い従業員の教育・訓練・力量の評価を実施しています。全員への周知・徹底を図るため毎月各シフト1回/月の总経理朝礼を実施しています。
KY(危険予知)活動は1回/日・班4~5名/組で活動を展開しています。

災害時の対応

労働災害:職場ごとに労働災害発生を想定した救助訓練を毎月実施しています。
火  災:2019年は避難訓練を4回、及び、消火訓練を4回実施しました。

消火訓練

体感訓練

消火栓訓練

夜間避難訓練

管理職の多様性

管理職については内部昇格だけでなく、外部からも募集しています。現在管理職22名のうち、女性の課長は4名在籍しています。

障がい者雇用と従業員の多様性推進

障がい者の雇用は全従業員の1.5%以上と法律で制定されています。現在9名在籍しています。従業員の募集・処遇等、性別の区別はありません。総数822名(2019年12月末)のうち女性は90名です。

環境

環境マネジメント

環境方針を設定し、環境保護関連の法律・法規を順守して、資源を節約し汚染を予防しています。地域社会から信頼される工場になるために、ISO14001:2015環境マネジメントシステムを運用し、周辺住民を配慮し、環境設備の改善を進めています。

環境データ

画面を左右に動かすと、表組みの情報がご覧になれます

項 目 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
廃棄物発生量(t) 689 453 560 525 872
埋立率(%) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
埋立量(t) 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
エネルギー使用量
(原油換算:kl)
電力 7,848 6,364 7,306 7,837 9,723
燃料 3,668 3,324 4,152 4,861 5,820
合計 11,516 9,688 11,457 12,698 15,542
温室効果ガス排出量(千t-CO2 24.2 24.8 29.1 32.0 39.3
水使用量(千㎥) 145 111 117 133 175

化学物質の管理状況についての報告(PRTR法への対応)

中国の法律に基づいて作成した工場の化学物質管理規則に従い、管理をしています。
公司制定了油品、化学品管理要领CSZY-EPD-017R02

騒音、排気について

地域行政の規定に従い2回/年の測定を実施しています。これまでの測定ではすべての項目について環境規制値の範囲内となっています。排気について、国家の「汚染防治青空防衛戦」及び蘇州高新区排気三年管理計画の要求に従い、規制が厳しくなっています。弊社は蘇州市政府と連携して、活動を行いました。

環境活動

2019年度は千年の杜活動、生物多様性活動、地域の環境活動(太湖周辺の植樹、太湖稚魚放流等)に参加しました。

千年の杜活動

太湖稚魚放流

生物多様性保全活動

公正な事業慣行

汚職防止

人のローテーションおよびモノ・情報・金の流れの見える化を進めています。内部統制室が、毎月、業務監査を実施しており、各対象業務が要領通り実施されているのか、且つ、業務手順が適正であるのかを検証しています。内部通報制度の整備および意見箱の設置など、相互監視体制の構築にも努めています。

責任ある政治的関与

法令、法規、条例の改正に対し、各会議で報告をするとともに、各種契約および専門知識を必要とする案件については、内部統制室が精査の上、弁護士に相談しています。

公正な競争

取引を希望される国内外のサプライヤーに対しオープンでかつ公正・公平な参入機会を提供しています。

影響範囲における社会的責任の推進

調達先には紛争鉱物・グリーン調達、調査を依頼しています。

財産権の尊重

会社で使用しているソフトウェアは全て正規品です。

消費者課題

製品品質・製品安全の確保

「世界のお客さまが安心して購入し満足していただける品質の商品を継続的に提供する」品質方針に基づいて、IATF16949:2016の標準とお客さまの要求に従って、品質管理システムの有効的な運営を進めています。
2019年のOEクレームは0件でした。年間で5件の顧客監査があり、全て合格しました。この中にはDaimlerの潜在サプライヤー監査も含まれていました。また、未然防止を目的にポカヨケ改善年間14件の目標を達成し、異常発生リスクの低減を推進しました。

アフターサービス・CS向上

2019年は市場品質に関するクレーム品の改善状況をYRCの主導にて水平展開しています。

教育と意識向上

全員の品質意識を向上させるため、各工程にて1回/直で品質予知訓練を実施しています。また、品質重要ポイントを指差し確認するようにしました。さらに標準作業どおりに作業を実施しているか、製造、品証双方で監視カメラによる確認活動を行いました。
2019年4月、社員全員にYRCによる品質不正防止教育を行いました。
2019年11月には品質月間活動として、①ハード化改善対策標準化点検活動、②ワンポイントレッスンコンテスト、③全員品質意識テストを行いました。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域環境活動への参加

2019年4月13日に従業員28名が家族を携えて、第6回太湖の保護活動に参加し、500Kgの稚魚を寄付し、2500匹を放流しました。
2019年4月26日にCSR活動-周辺住民区でのゴミ拾い活動に従業員20名が参加しました。住民・住民区スタッフと一緒に、ゴミ拾いを実施し、環境保護の重要性を宣伝しました。
2019年5月25日にCSZY6回目生物多様性調査活動が行われ、、身の周りの生物多様性調査活動に従業員・家族、Y-CH同僚・家族、敬恩小学校教師・学生、達善小学校教師・学生、周辺住民を含め、計149名が参加しました。鳥類、植物、昆虫の観察及び千年の杜の苗木の測定を実施し、観察した内容を調査報告しました。
2019年10月12日に、8回目のYOKOHAMA千年の杜・植樹活動が行われ、桂川董事長と高良総経理がはじめとして、グループ及び政府スタッフを含め、計120人を超えて、社員自主的に培植した苗木1100本超を工場敷地内に植えました。
今回の活動を含め、今まで、蘇州工場敷地内に、植樹は計16,819本になり、植樹面積は3,000㎡を超えています。
2019年12月14日に生物多様性の調査活動に、従業員・家族、周辺小学校教師・小学生・保護者、周辺住民、CANON、環境保護協会を含め、計60名が参加し、鳥類、植物、昆虫を観察し、植物ポスターの作成と評価を行いました。

工場見学のご案内

工場見学については、「来客受付規則」に従って、管理部で随時受付けています。