YOKOHAMA AEROSPACE AMERICA INC. (YAA)(米国)

事業内容

航空機用部品の販売、部材の購買

敷地面積

2,362㎡

従業員数

16名(2019年3月)

所在地

22223 68th Avenue South Kent, WA.98032 U.S.A.

相談・苦情などの受付窓口

Administrator TEL:+1-253-395-0123 FAX:+1-253-893-0170
メールアドレス:asuka.ohara@yokohama-aero.com

社長ご挨拶

吉田 哲三

ヨコハマエアロスペースアメリカは、2001年に設立され、横浜ゴムから納入される米国ボーイング社製旅客機737、757向けの化粧室ユニット(ラバトリーモジュール)、水タンク(ウォータータンク)の補用部品販売や納入サポート、および横浜ゴム航空部品事業部から調達要求がある部品、材料の調達業務を行っています。

また当社は、米国航空局(FAA)の認定を取得し、米国、世界の航空会社各社に対して補用部品の販売活動を行っております。

横浜ゴムの環境方針に従い、環境問題を認識し、軽量化された航空機用化粧ユニットに代表される環境貢献製品の販売活動を展開しております。

組織統治

行動規範の浸透

Employee Handbookの中にYokohama’s Philosophyとして行動規範を規定しています。また入社時とHandbook改訂時に必ず内容の確認を実施しています。
守秘義務につきましては、2014年度にHandbookの規定以外に従業員とEmployee Confidentiality Agreementを締結し強化しました。2016年より、新入社員は、入社時に必ずEmployee ConfidentialityAgreementを締結しています。

人権

人権に関する方針

社則に示されたハラスメント、フリー規制を用いて社員教育を実施しています。主な内容として、人種、民族、宗教、性別、年齢、国籍、既婚未婚などによる差別を禁止しています。
また、2016年より、ハラスメントにつき、横浜ゴムの教育資料を基に、弊社内での定期的な教育を行っています。

労働慣行

人事担当マネージャーが、毎年、州が開催する「薬物と酒の監視」講習を受講しています。連邦および州法に基づき年1回(および当該法規改定時)、従業員への通達、職場への掲示義務を実施しています。

  1. Emergency Plans 災害時の対応
  2. Safety Rules and Injury Reports 社内安全規則
  3. Employee’s Rights 従業員権利法
  4. Discrimination Laws 人権差別法などの更新

安全健康な職場環境

危険性物質、機器、機材等の管理を定期的に実施しており、ケント市消防署の(倉庫配置、スプリンクラー、消火器、危険物配置、各電源元等)点検の確実な実施、立会いを行っています。
訓練時には安全避難経路の確認、棚卸し時などの不定期作業前には危険予知(KY)の確認を行っています。

環境

環境指針

  1. 事業が環境に与える影響の把握に努め、環境保全の向上に努めます。
  2. 環境関連の法律、法規を遵守します。
  3. 環境負荷の低減を目指した航空機用製品の販売に取組みます。
  4. 省エネ、省資源、リサイクル、廃棄物削減に取組みます。

最近の取り組み

梱包材の見直しを行い、自社特注の梱包箱をやめ、市販の箱に変更し、リサイクルできる材料を使用しております。

公正な事業慣行

汚職に関する方針

公職者との飲食、贈答品を禁止しており、過去に汚職違反したことはありません。

取引先とのコミュニケーション

取引先へ送付するアセスメント書類には、要望および意見を記載できる項目を設けています。

消費者課題

消費者とのコミュニケーション

お客さまであるボーイング社をはじめ、全世界のエアライン会社を訪問し、私たちの製品に関する満足度や要望をお聞きしてより良い製品を提供できるよう努めています。品質については、航空宇宙産業の品質マネジメントシステム規格であるAS9100の認定を取得し継続維持しています。

コミュニティへの参画及びコミュニティの発展

地域社会とのかかわり

地域活動への参加

当社が位置するワシントン州シアトル郊外2014年より、King CountryNorth’s Wind’s Weir堤の中のGreen/Duwamish川河口部の護岸保護活動、または、YAA近郊のorthwest Harvest/Kentの食料支援物資の梱包作業活動に毎年参加しています。2018年も前年と同じく、食料支援物資の梱包への参加をしました。