雨の日の安心感が違う

最高グレードのウェット性能「a」を実現するヨコハマの技術

雨の日の運転は視界が悪くなり、また路面が滑りやすく、
制動距離も伸びるなど思わぬ交通事故につながる事があります。
雨が多い日本だからこそ、雨の日にも頼れるタイヤを選びましょう。

世界平均の約2倍もある日本の降水量

世界でも有数の多雨地帯であるモンスーンアジアの東端に位置する日本の年平均降水量は約1,690mm※1で、世界平均の約2倍になります。

春から秋にかけて特に多い日本の雨

日本の年間での雨の降り方は、春から秋にかけて春雨、梅雨、ゲリラ豪雨、台風、秋雨と降水量の多い時期が連続するという特徴があります。例えば、東京では降水量の多い時期が3月から10月の約8ヶ月間も続きますが、同じ北半球のパリやニューヨークでは年変化が小さいことが下のグラフから分かります。

日本ではゲリラ豪雨の発生回数が30年前に比べて約1.4倍にも増加しています。

都道府県ごとの梅雨時期の降水日を見てみよう

雨の日、ブレーキが効きづらくて「ひやっ」としたことありませんか?

タイヤのミゾが減っていると、濡れた路面でブレーキが効きにくくなり、大変危険です!
残ミゾが新品タイヤの約半分の4mm程度になったのを境に、タイヤのブレーキ性能は徐々に悪化し、制動距離がグーンと伸びていきます。
残ミゾがあっても、タイヤ自体が経時変化(硬化・劣化)していると、濡れた路面でブレーキが効きにくくなる場合があり危険です。

BluEarth-1はウェット性能「a」獲得:1サイズ